「ww」って表現はどうですか?

「ww」って表現は
どうですか?

「質問箱」というWebサービスをご存じですか?そのサービス経由で上図のように「wwって苦手なんですが、私だけでしょーか?」という質問を頂きました。回答に補足を含めて記事にしました。

スポンサードサーチ

私の「質問箱」での回答

質問箱からの質問

苦手っちゃ苦手です。昔はそこそこ使ったものですが、最近はまるっきり使いませんね。笑うのも笑わせるのも好きですけど、この手のwwは嗤い(あざわらい)が8割(私見)ですから良いイメージがありません。ですので次第に使わなくなりました

https://peing.net/ja/q/653e8af8-195b-4e7d-9fe6-1016b9c8d9cb

私は「質問箱」で上記のように答えました。一応この回答で完結しているのですが少し補足をしてみようと思い、この記事を書き起こしてみました。

補足

質問者の方は実はこの「ww」について相当造詣が深い人なんだろうなあと思います。ここで表現する「ww」っていうのは「w」(一文字)でも「www」(三文字やそれ以上)でも無いところは相当分かっていないと区別しないからです。私自身少し考えてからそう思い至りました。

何故「ww」は二文字なのか?

実際の利用風景では別に何文字でも良いのです。大抵の場合は文末に「それって変だよねw」とか「何考えてんの?wwwwww」みたいな使われ方をしますから、そこに制約があるわけではありません。何が違うかと言えばwの数が少ない場合は「クスリ」程度でwの数が多ければ多いほど「大笑い」であったり「長い時間の笑いの継続」を表現しているようです。

ただそれは実際の用法であって、文脈があっての前提です。今回のように私に対して文脈と込みで使うのでは無くただ他の表現と勘違いしない表現として最短なのが「ww」なのです。例えば1文字だと違うかも知れませんし、wwwではワールドワイドウェブと勘違いする可能性があります。四文字以上だと長すぎます。

何故「ww」が小文字なのか?

ここは実際の用法でもWWWとしてもありっちゃありですが、小文字が使われるのです。私もこれが大文字だとちょっと違和感が出てきて何を指しているのか疑念を差し挟む余地が出てきます。そこもきっと分かってこの人書いているんだろうなあと思いました。

「ww」の読み方

イマイチ自信がありませんが「wwwwww草生えるわ」とか掻いたりするので「草(くさ)」と読まれたりします。逆にこの表現が嫌な人も「草生やしてんじゃねえよ!」みたいな反応をするのを見かけます。まあ、類似表現で「藁(わら)とか「(わらい)」とか書くのは見かけますから、万人に通じる読み方があるかどうかは定かではありません。

「ww」の意味合い

純粋に「はっはっは」「うくくく」「ぶはははは」と笑っているだけの場合もあるのですが、この表現は相手を下に見るあざ笑いの印象が付きまといます。これはあくまで私見ですが、そういう印象が少なからず取られるリスクがあることを考えるとあまり常用しない方が良さそうな表現ではあります。

この質問者は自分が使うのが苦手なのか使われるのが苦手なのかは明示的に示していません。ですが、笑う側であっても笑われる側であっても関係性を悪化させるリスクを持ちます。確かに一種類の文字を連打するだけですから、そんなに手間も掛からないし他に代替表現がなかなか無いと言うことで使っちゃうのも分かるのですけど、私は今はほぼほぼ使わない表現です。

そもそも「ww」は現役な表現なのか?

このことも定かじゃありません。

2chのようによく煽り煽られが常態的な場所では現役な表現なのは知っています。しかし、他の場所でそんなに使うイメージを持っていません。私自身あまりそういう煽り煽られに近づきたくないので視界に入れようとしていないというだけかもしれません。

スポンサードサーチ

終わりに

言葉狩りをする気は毛頭無いのです。ただ、過去に様々な場所で書いてきたように私は他の人とコミュニケーションを取って仲良くしたり、物別れになったままにしない会話をしたいのです。ですから、この表現の頻出する場所を見かけたらそっと離れることが多いような気がします。

ではまた