PCでのAMP検索キャッシュの反映確認に便利!User-Agent Switcher for Chrome拡張 - 適宜覚書-Fragments

PCでのAMP検索キャッシュの反映確認に便利!User-Agent Switcher for Chrome拡張

   

UA変更拡張

Accelerated Mobile Pages(AMP)は、スマートフォンなどのモバイル端末でWebページの表示を早くする仕組みとしてGoogleが推進しています。昨年9月頃にニュースサイト、ECサイトを皮切りに導入されました。

今では一般ページでもAMPの仕様に則ってページを作成していればGoogleBotが引っ張り出してGoogleにキャッシュしてモバイル端末の検索先をAMPキャッシュに置き換えてくれます。まだ発展途上で問題点が指摘されてもいますが、最大の目論見である表示の高速化は閲覧者にとってメリットがある仕組みかと思います。

ところで、このAMPの検索キャッシュの反映ですが、GoogleBotのフェッチタイミング、AMPとしてValidか否か等によって反映するかどうか、いつ反映するかをWebサイト管理者がコントロールすることが出来ません。Google検索コンソールでフェッチ要求は出せるものの座して待つのみです。気が短い筆者はまだかまだかと逐一確認したくなります。

しかし、この確認ですがAMPの性質上通常はモバイル端末からとなります。しかし、ブログなどのコンテンツ作成はPC等で行っていますから、いちいちモバイル端末確認するというのは酷く面倒です。そこで今回はPCのWebブラウザから確認するのにとても便利なChromeのUser-Agent Switcher拡張を紹介します。

前提

  • Google Chromeの使用(但し同種のプラグインはFirefoxにもあります)

User-Agent Switcher for Chrome拡張の導入

  1. ChromeウェブストアでUser-Agent Switcher拡張ページを開きます。この拡張はGoogle謹製です。
  2. ページ右上の「Chromeに追加」ボタンをクリックします。
    Chromeに追加

    Chromeに追加

  3. ポップアップされたウィンドウに拡張に付与されるアクセス権限が表示されます。問題が無ければ「拡張機能を追加」ボタンをクリックします。
    拡張機能を追加

    拡張機能を追加

  4. インストールが完了するとブラウザ上部右端に拡張のアイコンボタンが追加されます。
    拡張アイコン

    拡張アイコン

AMPの検索キャッシュの反映確認をしてみる

  1. 何かしら自分のコンテンツの中でAMPが反映しているだろうページを検索します。検索流入が多いページであれば、優先的にキャッシュ対象となっています。例えば筆者の場合、最近よく題材にしているAQUOSケータイ2の関連を見てみましょう。
  2. 普通にPC用のGoogle Chromeで検索した結果が下図です。
    PC用Chromeでの検索結果

    PC用Chromeでの検索結果

  3. ここで先ほどのUser-Agent Switcher拡張アイコンボタンをクリックします。するとUser-Agentの選択リストが表示されます。とりあえずモバイルであれば機種は何でもよいのでAndroidを選んでみます。
    拡張アイコンをクリック

    拡張アイコンをクリック

  4. 更にサブメニューとしてAndroidKitKatがあるのでこれを選択します。(それにしてもKitKatとは古いですね。後で設定関連も追記しますが、UAは自分で追加できますし、出来合いのUAリストをインポートして増やすことも簡単に出来ます。ここではとりあえず既定のままの内容で進めます)
    サブメニューから選択

    サブメニューから選択

  5. すると、アイコンに「AND」と表示されます。
    アイコンの変化

    アイコンの変化

  6. それと同時に表示されていた検索結果の画面もAndroid KitKatで見た際の画面が表示されます。赤枠で囲ったように各ページがAMPとなっていることが分かります。
    AMPキャッシュ化されている!

    AMPキャッシュ化されている!

  7. 更にこのリンクをクリックして開いてみます。すると、下図のようにAMPが表示されます。ここで注目したいのがオムニバーのURLで本サイトのドメインであるdaccot.comではなくgoogle.co.jpのキャッシュを見ていることです。これで問題なくAMPが有効に反映していることが分かりますね
    google.co.jpにキャッシュされたAMPを見ている

    google.co.jpにキャッシュされたAMPを見ている

設定

すみません。平日で力尽きたので後で別途追記します。(結構設定しがいがあるのですが…

終わりに

この拡張を紹介するならもっと他の切り口があるでしょ!…というツッコミはごもっとも。しかし、そういう記事は既にあちこちにあります。

それとですね。筆者自身AMPをすぐに確認したいがためにこの拡張を入れたという経緯があるのでこの切り口になっているのです。AMPを反映すべくWordpressのAMP拡張を入れたもののGoogle検索コンソールでは無情なまでのエラーの嵐が帰ってきてまず最初に心が音を立てて折れました。そこを立ち直って、原因究明をして修正したものの今度はなかなか反映してくれない。

冒頭書いたように決して気が長い方ではない筆者、スマホで検索してはリロードしまくっては「まだかーまだかー」とストレスを増やす始末です。せめてPC用のWebブラウザで見たいと思うのは当然の帰結です。ここでChromeだからデベロッパーツールでやればいいやと思ったわけですが、どうも上手くいきません。楽にポチポチ切り替えたい!そして辿り着いたのがこの拡張でした。

こんな人は他にはいない?いいや、絶対同じ穴のムジナ、もとい悩める同志はいる筈!ということで勢い記事化とした次第です。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Tips, Webブラウザ , , ,