お手軽!送信元ドメインをGmailの受信トレイでざっくり一覧確認には - 適宜覚書-Fragments

お手軽!送信元ドメインをGmailの受信トレイでざっくり一覧確認には

   

送信元ドメインの簡単明示

メールを受信した際、とりあえず受信リストで件名やメールの送信者、メールの書き出しをざっくり一覧で見ると思います。よくやり取りする相手であればフィルタを設定して、最初から自動仕分けしたりもするでしょう。

でも、初見の場合はまずはここですぐ見るメールか否か、身に覚えのあるメールか否かといったおおよその見極めをしたりします。もし、この判断にもう一つ確認するための材料があると便利かもしれませんね。

今回は、表記の通りWeb版Gmailの受信トレイの受信リストに送信元のドメインをお手軽に一覧確認できるようにする方法を紹介します。

前提条件

  • PC用Google Chromeを利用(Windows/Linux/OSX等。以下の確認にはWindows10上で行っています)
  • Web版Gmailを使用している(以下のChrome用拡張を使うため、メールアプリ等で使用している場合は効果がありません)

Gmail Sender Icons拡張の導入

  1. Google ChromeでChrome ウェブストアのGmail Sender Icons拡張ページを開きます。
    Gmail Sender Icons拡張ページ

    Gmail Sender Icons拡張ページ

  2. ポップアップされた拡張ページの右上にある「Chromeに追加」ボタンをクリックします。
    Chromeに追加

    Chromeに追加

  3. 下図のポップアップ(拡張の権限付与)が表示されるので、問題が無ければ「拡張機能を追加」ボタンをクリックします。
    拡張機能を追加

    拡張機能を追加

  4. Chrome上部のオムニバーの右端あたりに拡張のアイコンが追加されます。これでインストールは完了です。
    拡張アイコン

    拡張アイコン

  5. オプション設定は特に必要ありませんが、この拡張アイコンをクリックすると以下のように2機能の設定のオン・オフをトグルボタンで変更できます。(既定はオン)
    オプション設定

    オプション設定

    1. Show Domein Icons(送信者のドメインアイコン画像の表示・非表示)
    2. Show Domain Text(送信者のドメイン名称の表示・非表示)

Gmail Sender Icons拡張の利用

特に操作は必要ありません。導入前からGmailを開いているなら、そのタブを再読み込みさせることで以降は拡張機能が反映します。以下は導入前と導入後の比較画像です。

導入前

導入前

導入後は赤枠で囲んであるように送信元ドメインが文字列として表示されます。

導入後(送信元ドメインが表示された)

導入後(送信元ドメインが表示された)

この情報は、受信リストではなく個々のメールを開いたときに、受信者であるToの脇にある下向きの三角アイコンをクリックするか、「返信」ボタンの右にある下向き三角アイコンをクリックして表示されるメニューから「詳細を表示」を選択した際に表示されるポップアップ内にある「送信元」情報と同じです。わざわざ拡張を入れなくてもこうやって確認できますが、メールをちまちま開いて操作するのではなく受信リストでザックリ一覧できるようになるのは便利です。

送信元の表示

送信元の表示

あくまでザックリ一覧ですよ

さて、ここで見慣れない送信元ドメインが表示されたら、とりあえず「んんんっ?!」と怪しむ材料には出来ると思います。ただし、逆は成り立ちません。つまり、よく見慣れた送信元ドメインだから信用してよいかと言うとそんなことは決してありません。あくまでザックリ一覧できるだけです。

何故かと言えば、技術的に熟達している悪人が送信元ドメインは偽装しようとすれば造作もないことだからです。Sender Policy Framework(SPF)やDKIMといった送信ドメイン認証、或いはDMARKがどうなっているかをメールヘッダ上確認出来ればある程度までなりすまし有無判断の要件として有意ですから、本当はそこまで見える拡張だともっと嬉しかったですけど…

送信ドメイン認証技術(SPF、DKIM )やDMARCとはどのような仕組みか?|メールマーケティングのCuenote
メールマーケティング情報ライブラリ「送信ドメイン認証技術(SPF、DKIM )やDMARCとはどのような仕組みか?」のマーケティングブログ

終わりに

さて、ここまで来て「おや、ちょっと待て」とツッコミが入れられる人は鋭いです。実はこの拡張、本当は送信者ドメインのアイコンも表示される筈なのです。でも、筆者の環境ではテキストしか表示されませんでした。見慣れたアイコンが見えるかどうかで一覧性はググッと上がるのですけど…。何故表示されないのかまでは分かりませんでした。

拡張の作者が別記事でアイコンをGoogleS2コンバータを使って表示させる方法を書いていて、その延長上で実装されているので見えて良いはずなのですけど…見えませんね。ちょっぴり残念ですが、この状態でも筆者的には便利っぽいなあと思っています。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Windows , , , ,