AQUOSケータイ2でパケットを一切使わず最安料金でスマ放題ライトを使うための設定 - 適宜覚書-Fragments

AQUOSケータイ2でパケットを一切使わず最安料金でスマ放題ライトを使うための設定

      2017/02/11

先日、筆者は通話専用のガラケーをSoftbankで契約しました。その際、なるべく安く機種代金込みで月々割を適用した最安プランを選択しました。そのプランとは、スマ放題ライト(1200円)+Web使用料(300円)+データ定額S(0円~4200円、0.005円/パケット)です。つまり、最低額は1500円、最高額は5700円というプランです。通話しかしないのに何故Web使用料やら振れ幅の広いデータプランを入れたのか不思議に思うでしょうが、それは別途後述します。俗にいうSoftbankのプランの罠に不本意ながらやむを得ず嵌まっています。

この罠は見るからに危険です。ガラケーと言えど、素のままで使うと意図せずともデータを使う可能性が高いのです。もし、油断しているとろくに使った覚えもないのに最高額を支払う最悪の展開もあり得ます。通話用だけにキャリアと契約しで二台持ちにしたことが裏目になってしまいます。

そこでSoftbank経由では通話のみ、パケットは一切使わない設定を行うことにしました。

AQUOSケータイ2でパケットを一切使わないための設定

他のガラケーやガラホに同様の設定があるかは分かりません。自分が通話用に使っているAQUOSケータイ2では以下の手順でキャリアのパケットを一切使わない設定が可能です。

  1. トップメニューから「設定」を選択します。
    設定

    設定

  2. 「ネットワーク」を選択します。
    ネットワーク

    ネットワーク

  3. 「データ通信設定」を選択します。
    データ通信設定

    データ通信設定

  4. 「データ使用量」を選択します。
    データ使用量

    データ使用量

  5. アプリごとのデータ使用量が表示されます。この画面でメニューを選択します。
    メニューを開く
  6. ポップアップしたウィンドウ最上部の「モバイルデータ」のチェックをオフにします。
    モバイルデータをオフ

    モバイルデータをオフ

  7. 開いてきた画面を「Clear」キーで閉じていけば設定完了です。

この設定をしている限り一切のSoftbankのパケットは使いません。他の「モバイルデータの制限」や「ネットワークの制限」項目はある程度パケットを使いつつも消費を抑えるための設定であって、自分のように1パケットであろうと使いたくないという用途には使えません。

この設定の長所・短所

モバイルデータをオフにしてもWi-Fi経由のデータ通信は自由に使える

先の設定はあくまでSoftbankのUSIMを使ってLTEの4G回線経由でのデータ通信の遮断です。AQUOSケータイ2はスマホと同様に固定回線やモバイルルータのWi-Fiを使うことが出来ます。勿論Wi-Fi経由のデータ通信はモバイルデータ設定とは全く関係がありません。自由に使えますし、Softbankにバカ高い使用料を従量型で支払う必要がありません。

AQUOSケータイ2にはGmailのような一般のメール(キャリアのMMSとは違う)やLINE、Web閲覧、エモパー、Yahoo地図など様々なネットを介したアプリが組み込みで用意されています。Softbankの意図としてはそのアプリをモバイルデータ通信で使わせて割高なパケット料金で儲けたいのですが、それに乗る必要は全くありません。殆どすべてのアプリは、Wi-Fi経由でフル機能で利用出来ます。キャリアのパケットで無ければ出来ないなどという縛りはありません。

これらのアプリはあまり通信速度を要するものではありませんが、総量としてのパケット数は意外と消費します。自分の場合、固定回線が無い場所ではMVNOの低速モードでテザリングをしてAQUOSケータイ2のアプリを使ってますが、十分使用に耐えます。その場合いくらパケット数を使おうと定額の中で安上がりに済みます。

家の固定Wi-Fiだけでなく、外でもWi-Fi活用しまくり

不本意に契約したデータプランですが悪いことばかりではありません。データプランに入っていれば契約をしている限り、ソフトバンクWi-FiスポットやBBモバイルポイントを追加料金無しで使用できます。Wi-Fiスポット数No.1と宣伝するだけのことはあり、大抵の駅周辺や多くの飲食店で利用出来るので、結構使い勝手が良いのです。

それ以外にも東京オリンピックに向けて公衆Wi-Fiスポットの整備が進んできていますので、そちらも併せて使うとカバー範囲が広がります。それでも足りなければ有償ですがWi2を利用するのも良いでしょう。初期費用無し、退会費用無しで月当たり400円弱で利用出来ます。

Wi-Fiスポットを上手く使えれば、下手にモバイルデータ通信を使うよりずっと快適に安く利用出来ます。

Wi-Fi経由で使えないのはキャリアのMMSだけMMSもWi-Fiで使えました

キャリアのMMSとはキャリアのドメイン名で提供されたメールサービスです。このサービスは通常はキャリアのモバイル通信でしか使うことが出来ません。理解が間違えていました。初期設定が必要ですが、Wi-Fiで問題なく使用出来ます。設定手順は以下の別記事にまとめました。

AQUOSケータイ2でのMMS(Sメール)Wi-Fi経由で利用するための設定手順
AQUOSケータイ2でのソフトバンクのキャリアメールをMMS(Sメール)アプリで使う場合、Wi-Fi経由で利用することが出来ます。ただ、その設定は前提を知っていないと有効に...

有料のオプションを使えば、普通のネット接続で利用できるようになりますが、わざわざ追加でお金をかけてまで使う価値はありません。ガラケー全盛だったころはキャリアメールアドレスでなければ利用出来ないサービスも結構ありましたが、今時そんなサービスは少なくなりました。単にメールをしたいだけなら、Gmailでも何でも比べ物にならない良いサービスが無料、或いは低価格で提供されています。

尚、SMS(ショートメール)は通話側の接続だけでパケット通信側を使用しないので問題なく利用出来ます。

意外とあれこれ出来る割には情報不足なガラホ事情

ネットを見ても、外で回りを見回しても誰もかれもスマホを弄っています。ガラケーを見かける比率はとても低くなりました。実のところ、利用率から言えばまだまだガラケーの使用シェアは決して見過ごせるレベルでは無いのに不思議ですね。自分も二台持ちに変えるまではガラケーは視野に入らなかったのですが、いざ使うことになるとそういう部分が気になってきました。

そして、問題はちょっとした設定情報が公式の取り扱い説明書くらいしか無いことです。iPhoneやメジャーなAndoroid機種は少し検索すれば幾らでも情報が引き出せるのですが、ガラケーはとにかく情報不足です。ガラケーなんてどれも大して変わらないでしょ…というのは大きな勘違いです。4Gガラケーはガラホ、実態は簡易版Android機です。スマホほどではないにしても案外色々出来ることがあります。(Wi-Fiの利用一つとっても昔ながらの3Gガラケーでは出来る機体は少なかったでしょうし、この機種だとテザリングも出来ます。今の契約では馬鹿馬鹿しいのでしませんが、SIMロックを外したらデータ通信SIMを放り込んでモバイルルータとしての運用も出来ます)

今回書いたことは設定を探していけば見つかる内容ですが取扱説明書を読むだけだと簡単には回答にたどり着けません。そもそもSoftbankは儲けたい訳ですからわざわざ丁寧にこんなことは教えてくれませんし、機器メーカも個々の機能は紹介しても使い方はユーザが考えるしかありません。

そもそもなんでそんなリスクのある契約したの?

…仕方なかったのです。通話だけの契約だけなら最安はホワイトプランのみでデータ通信無しで934円です。このプランだけの契約なら通話のみとなり間違えてもモバイル通信代金はかかりません。でも、それは通話するためのガラケーを自前で持っている前提です。

自分の場合、これまでiPhone6を使っていて、それではガラケー的な契約は出来ません。手持ちのガラケーもありませんでした。今回の契約ではなるべく通信料金を抑えたいと考えていたので、機種変更ではなく新規契約で月々割を適用して実質無料(3年分割)でAQUOSケータイ2を入手しました。

しかし、月々割は機種代金を機種代金から引くわけではなく、その同等金額を通信料等から引きます。そしてその前提はモバイルデータ通信契約が必要です。ホワイトプランのみの場合、月々割が利かないため丸々機種代金を上乗せになるため934円に1320円を足して2264円になってしまいます。スマ放題ライトの1600円より高くなる上に通話料金も従量制でメリットがありません。

そういう訳で仕方なく、スマ放題ライトでの契約をしました。このプランは他にも癖があって、Web使用料やデータプランは別売りのように見えて必須です。また、もし仮にこっそり外すことが出来たとしてもそれにSoftbankが気づけば月々割対象から外れるため、1200円+1320円の支払いになってしまいます。リスクがあってもこの状態に甘んじるしか無いのです。

そこであれこれ調べた苦肉の結果が設定での安全の確保でした。まあ、MNPマニアの人になると他キャリアからSoftbankの3GケータイにMNPして実質500円くらいで一つ上のどこでも時間無制限通話放題のスマ放題運用をしていますから、こんなのはまだまだ無駄だらけでしょうけれど…。

終わりに

知っている人にはなんだー…という話だし、この機種を持ってない人には全く興味のない話とは思いますが、自分用の覚書なので取扱説明書に書いてあるようなことも含め、AQUOSケータイ2の設定や運用の記事をたまに書こうと思っています。

関係ないと書きましたが、もしかするとシャープ製の他キャリア向けやMVNO用のガラホでも同じことが出来るかも。外形も機能も良く似ているものが提供されているので基本設計は流用されているように見えます。保証はしませんけれども、何かの役に立つと嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Android, iPhone, Tips, 覚書 , , , , , , , , , ,