知って安心!Windows10でスタートメニューの異常を検出・解決する方法

   

495883e0dcf0f4da929a063b4b872d93_s

Windowsは何はともあれスタートメニューありきで、ユーザが必要なアクションが出来るように作られています。これは最新のWindowsに限った話ではなく、初期から一貫したWindowsのインタフェース設計です。勿論デスクトップやタスクバー、アクションセンター他にも行動の起点は用意されています。

でも、スタートメニューは従来のアプリケーションリストだけでなく、Windows10に至ってはタイルや検索等機能性をますます増やし、利便性を高めています。ただ、機能が増えて便利になるということは、反面として複雑性を増します。何かしら異常を起こすと修復が難しく、利便性を損なってしまいます。

実はMicrosoftはWindows10でスタートメニューの異常を検出・解決するツールを提供しています。今回はこのStart Menu Troubleshooterを紹介します。

Start Menu TroubleshooterでWindows10でスタートメニューの異常を検出・解決

ダウンロード

以下のリンクをクリックすると、Start Menu Troubleshooterがダウンロードされます(直リンクになっています)

URL直が気持ち悪いのであれば、Troubleshoot problems opening the Start menu or Cortana - Windows Helpの記事中のTry the Toroubleshooter項目のリンクからでも良いでしょう。結果は同じです。

Microsoft記事からのツールダウンロードリンク

Microsoft記事からのツールダウンロードリンク


Start Menu Troubleshooterを使う

  1. ダウンロードしたstartmenu.diagcabをダブルクリックして起動します。インストール等不要でそのまま実行できます。
    startmenu.diagcab

    startmenu.diagcab

  2. すると下図のような「コンピューターの問題の防止とトラブルシューティング」と書かれたウィンドウがポップアップ表示されます。見てのように日本語化されていますね。
    ツールの起動

    ツールの起動

  3. 下部の「次へ」ボタンをクリックします。
  4. 暫く問題の有無を自動でスキャンします。その結果問題があれば問題点を列挙表示し、解決方法を示します。もし、問題が無ければ下図のように「問題を特定できませんでした」と表示されます。問題が無い場合特に何もする必要が無いのでツールを終了してしまって構いません。
    検出結果

    検出結果

  5. 尚、このツールの下部の「詳細情報の表示」をクリックすると、下図のようにこのツールがスキャンして問題を確認する対象の詳細やコンピュータの基本情報を表示することが出来ます。下図にあるように大きく分けて4項目が検証対象です。
    詳細表示

    詳細表示

    1. 必要なアプリケーションが正しくインストールされているか否か
    2. レジストリキーのアクセス権限に問題があるかないか
    3. タイルのデータベースが破損しているか否か
    4. アプリケーションマニフェストが破損しているか否か
  6. 尚レポートの内容は上部にあるプリンタアイコンをクリックして印刷することが出来ます。

スタートメニュー以外の問題検出をしたい場合

このツールはあくまでスタートメニューに限定し、それに関連する4項目へのチェックと修正に関するものです。それ以外の問題は検出できません。もし、より広くWindowsの不具合の有無を検出したい場合、組み込みのsfc /scannowをコマンドプロンプトで実行してください。

終わりに

幸いにして筆者はスタートメニューでトラブルに陥ったことは無いのですが、今後もそうであるとは限りません。

冒頭描いたようにWindows10に至ってはかなり複雑且つ便利な機能がスタートメニューに組み込まれています。これが何かのきっかけで上手く動かなくなってしまうと代替手段があったとしても、恐ろしくストレスフルな状態に陥ることは想像に易いです。そういったとき、むやみやたらと思い付きで手を付けるよりも通り一遍Microsoft公式のツールで検証・修正が出来るなら安心だし効率が良いと思います。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows10