Windows10で「プログラムから開く」が表示されなくなった場合の復帰方法

   

53756a534c29ca31c1419b6d3bdad741_s

「プログラムから開く」とは、Windowsエクスプローラでファイルを選択して右クリックした際のメニューに表示される項目の一つです。もしそのファイルの拡張子に紐づけられているアプリケーションがあるなら、そのアプリケーションが表示されます(例えばHTMLファイルであればWebブラウザが複数表示されます)。もし、紐づけがなくてもその場で手動でファイルを開くためのアプリケーションを選択することが出来ます。

しかし、Windows10を使っていて、何かの拍子で「プログラムから開く」が表示されなくなってしまうことがあります。そうなると特に紐づけが無かったり、不適切な場合、なかなかファイルを期待通りに開くことが出来ず結構不便になってしまいます。

今回は、もしそういった状況に陥った場合の復帰方法を紹介します。

Windows10で「プログラムから開く」が表示されなくなった場合の復帰方法

  1. Windowsキー+Rキーを押下し、「ファイルを指定して実行」ウィンドウを表示ます。
  2. 名前欄に「regedit」と入力し「OK」ボタンをクリックします。
    regedit

    regedit

  3. レジストリエディタで以下のキーを開きます。
  4. そのキーの下位に「OpenWith」キーがあれば開きます。もし無いのであれば、ContextMenuHandlersで右クリックして「新規作成」で「キー」を選択して名前を「OpenWith」と入力して保存してください。
    OpenWith

    OpenWith

  5. 「OpenWith」キーを選択し、その中に存在するサブキー(既定)となっているものをダブルクリックします。
    サブキーの設定

    サブキーの設定

  6. 表示されたウィンドウで値として以下を入力して「OK」ボタンをクリックします。

「プログラムから開く」を試してみる

  1. Windowsエクスプローラを新規に開き、何かしら適当なファイルを選択して右クリックします。
  2. メニュー内に「プログラムから開く」が表示され、更にそのサブメニューとしてプログラムが選択できる状態になっていれば、成功です。
    動作確認

    動作確認

終わりに

昔からある地味に使える機能です。普通のファイルは普段使いのアプリケーションと紐づいているのでファイルをダブルクリックするか、アプリ側から開きます。どちらかと言えば、普段使わないようなファイルをエクスプローラ側から開きたい場合に思い出したように使う位置づけなので、使えなくなっていてもあまり気づかないのですが、いざというとき使えないと不便を感じますよね。そういった際の助けになれば良いですね。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows10