補助輪的にWindows Defenderのウィルススキャンを活用するには

   

0876d80d4e7f607ab30f54820b75f8b4_s

Windows10には組み込みでWindows Defenderというセキュリティ機能を備えています。マルウェア(ウィルスを代表とする悪意のあるソフトウェア)のリアルタイム保護と常駐スキャンといった機能を持っています。勿論市販のサードパーティの専門のアンチウィルスソフトとは機能的に劣りますが、万が一市販アンチウィルスのライセンス切らした際も丸裸のノーガード状態にはさせず最低限の安全性を保ってくれる有難い仕組みです。

ところでこのWindows Defender、市販の他のアンチウィルスソフトが稼働している際は機能が無効になるように作られています。同じマルウェアに対して複数のアンチウィルス機能が動くと誤動作を起こしかねないためです。でも、せっかく組み込み機能としてあるなら、無駄なく活用出来ると良いですよね。

そこで今回は、補足的にWindows Defenderのウィルススキャンを活用する方法を紹介します。

手動でWindows Defenderを有効にしてウィルススキャンする

  1. タスクトレイにあるWindows Defenderアイコンを右クリックして、「開く」をクリックします。
    開く

    開く

  2. 表示されたWindows Defenderの操作画面で「有効」ボタンをクリックします。有効化にしばらく時間がかかります。
    有効化

    有効化

  3. 「更新」タブをクリックして「定義の更新」をクリックします。定義がダウンロードされ最新に更新されます。
    定義更新

    定義更新

  4. 「ホーム」タブをクリックし、右側にある「スキャンのオプション」のいずれかを任意に選択して「スキャン」ボタンをクリックすることでウィルススキャンを開始します。
    手動スキャン

    手動スキャン

  5. スキャンが終了するとスキャン結果のレポートが表示されます。

定期的にWindows Defenderでスケジュールウィルススキャンする

Aniversary Updateで有効になる新機能ですので安定版ではまだ利用出来ません。Insider Preview版では先取りで設定項目があります。

  1. Windowsキーを押下し、「Defender」と入力することでCortana検索の結果として表示される「Windows Defenderの設定」をクリックします。
    Defender設定

    Defender設定

  2. 右ペインに表示される「Periodic scanning」項目のトグルボタンをクリックして「オン」にします。
    Periodic scanning
    Periodic scanning

    Periodic scanning

これにより、定期的なウィルススキャン機能が有効になる見込みです。リアルタイム保護機能やクラウドベースの保護機能は他のアンチウィルスが有効な限りは無効のままですが、この設定を行うことによりメインのアンチウィルスのリアルタイム保護や定期ウィルススキャンに加えて、Windows Defenderの定期的スキャンを加えることが出来ます。

Windows Defenderでオフラインウィルススキャンする

これは組み込みのDefenderとは別物です。

Windows Defender Offline とは - Windows ヘルプ
Windows Defender Offline について、また、Windows Defender Offline で悪意のあるソフトウェアや潜在的に望ましくないソフトウェアを除去する方法について説明します。

  1. Windowsキーを押下し、「Defender」と入力することでCortana検索の結果として表示される「Windows Defenderの設定」をクリックします。
  2. 右ペインで下方にスクロールしたところにある「Windows Defenderオフライン」項目の「オフラインスキャン」ボタンをクリックします。
    Windows Defenderオフライン

    Windows Defenderオフライン

  3. これにより「Windows Defenderオフライン」をダウンロードします。
  4. ダウンロードが完了すると、PC は自動的に回復環境で再起動されます。そののち、Defender がシステムのより最新の定義ファイルで完全なスキャンを実行して脅威を取り除きます。

終わりに

Windows DefenderはWindows8の頃から標準組み込みとなっています(確かWindows7のときはMicrosoft Security Essentialsみたいな名前)。ただオマケ的な位置づけで、専用のウィルススキャンソフトがあると動作しないため、わざわざ手動で有効化してスキャンして使うということも無かったと思います。Windows10になってPeriodicスキャンが追加され、上手く使えば補足的なセカンドオピニオン的なものを得られる可能性が出てくるのかもしれませんね。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows10