OperaでChromeの膨大な拡張機能リソースを丸々利用出来るようにする方法

   

b8e534d0b4eb1805cd6cce879ef9bb25_s

Internet Explorerを追い抜き、Google ChromeがシェアトップのWebブラウザとなりました。最新のウェブ環境に対応した高速、シンプル、安全なウェブブラウザ…と銘打たれており、膨大な数の拡張機能で機能強化出来ることも魅力です。

しかし、Webブラウザには他にも選択肢があります。その一つがOperaです。高速で動き、Chromeと比べても遜色ありません。シェアが低くなっているため、関連の情報が少なくなっているのが難と言えば難です。Chromeのメモリの消費具合やクラッシュに悩んでいるなら、代替手段として検討してみても良いと思います。

さて、表題です。Opera公式サイトで提供されるアドオンも主要どころの拡張機能はカバーしているのです。でも、Chromeウェブストアの資産を使えるならとても心強いですよね。実はOperaでChromeの拡張機能を利用出来るようにする方法があるので紹介していきます。

Download Chrome Extensionの導入

  1. Opera Add-OnsのDownload Chrome ExtensionページOperaで開きます。
  2. ページ内にある「Add to Opera」をクリックします。
    Add to Opera

    Add to Opera

  3. インストールが終わるとボタンの文字が「Installed」に変わります。導入はこれで終わりです。

Chromeウェブストアの拡張機能をインストールする

  1. Chromeウェブストアで任意のインストールしたい拡張のページをOperaで開きます。例えば、「Google Translate」拡張をインストールしたいとします。
  2. すると、Chromeであれば「Chromeに追加」と表示されるボタンが「Operaに追加」に変わっています。このボタンをクリックします。
    Operaに追加

    Operaに追加

  3. ページの上部あたりに「拡張機能は不明なソースから取得したものであるため、無効にされました。有効にするには拡張機能マネージャーに移動してください」というアラートが表示されます。右側にある「移動」ボタンをクリックします。
    拡張機能マネージャーへ移動

    拡張機能マネージャーへ移動

  4. 拡張機能マネージャーにはインストールされたアドオン、拡張機能がリスト表示されています。今回インストールしたGoogle翻訳は無効化された状態となっています。ここで「インストール」ボタンをクリックします。
    無効な拡張をインストール

    無効な拡張をインストール

  5. すると、吹き出し上のポップアップでこの拡張機能に許可するアクセス範囲が表示されます。これはChromeで拡張をインストールするプロセスで表示されるものと同じです。ここで「インストール」ボタンをクリックします。
    更にインストール

    更にインストール

  6. すると拡張機能が有効化され、インストールが完了します。拡張のボタンもOperaのメニューバー右端に追加されます。
  7. インストールはこれで完了です。必要に応じてオプション設定などをするのはChromeと同じなのでここでは説明を割愛します。

Chromeの拡張機能をOperaで使ってみる

早速使ってみましょう。翻訳機能なので英語表記のページを開いて、文章を選択して右クリックして翻訳を実行してみました。

ちゃんと拡張機能が動きました

ちゃんと拡張機能が動きました

御覧の通り、Chromeと同じようにちゃんと翻訳結果が表示されました。拡張ボタンからの翻訳も同じ使い勝手で機能しましたし、オプション画面も同じものが使えます。

全ての拡張機能が動作するか?

残念ながら、全てではありません。Chrome固有の機能を使っていると思しき拡張機能は上手く動きません。

今回試しに「Google翻訳」「Extensity」「Save to Google」をインストールしてみました。有効化してインストールすること自体は全て出来ました。「Google翻訳」「Extensity」は完全にChrome上と同じ動作をすることを確認しましたが、「Save to Google」は残念ながらページの保存が上手く機能しませんでした。

OperaはChromeと同じWebkit系(今後はBlink)を使っているため、基本は同じレンダリングエンジンを使い、HTML5やJavaScriptなどの標準技術を使用できるようになっているため、おおよそは同じように動くと思います。ただ、動くかどうかは事前には分からないため、インストールして確認してみないといけません。

終わりに

完全互換では無いものの、それを差し引いてもChromeの拡張機能をOperaで使用できるのは、途轍もなくメリットが大きいと思います。使い勝手が基本同じですから、Chromeで慣れていれば慣れているほど代替しやすくなる筈です。

実を言えばFirefoxでもChromeの拡張機能を使えるようにする…という動きがあるのですが、こちらは比較にならない程まだ互換性が低く動かないものの方が多い状況です。いずれにせよ既にある拡張機能という宝の山がどのWebブラウザでも等しく利用できる方向に向かっているのは有難いことです。その中でも今回紹介したOperaは今すぐ活用できますので良ければお試しください。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 拡張