Windows10でよく使うレジストリキーを必要な時すぐに開くには - 適宜覚書-Fragments

Windows10でよく使うレジストリキーを必要な時すぐに開くには

   

Windowsで設定画面が用意されていないような設定変更や機能の有効・無効切替等では、レジストリの変更が必要となる場合があります。

レジストリはハードウェアやインストールされたプログラムの設定、および各ユーザプロファイルに関する重要な情報を格納したWindows 内のデータベースです。細かいところを色々と設定できる一方、設定ミスしたりするとWindowsの動作が致命的に異常を来たす危険性があります。従って、操作をする場合バックアップを取ったうえで自己責任で行うことになります。

とはいえ、設定内容によっては凄く便利になったりしますし、機能の有効・無効切替に頻繁に同一箇所を変更したい場合も出てきます。今回はWindows10でよく使うレジストリキーを必要な時すぐに開く方法を紹介します。

Windows10でよく使うレジストリキーを必要な時すぐに開くには

お気に入りを使う

  1. Windowsキー+Rキーで「ファイル名を指定して実行」を開き「Regedit」と入力の上「OK」ボタンをクリックします。
    regedit

    regedit

  2. ユーザアカウント制御で警告が表示されますので「OK」で進めます。(既定設定では表示されますが、設定次第です)
  3. Windows組み込みのレジストリエディタが起動します。
  4. 初回は、レジストリのルートからPathを伝って開いていきます。今回は例としてコマンドプロンプトの入力履歴を格納しているキーを開いてみました。
  5. 大抵のキーはこれくらい以上の階層の深さにあります。毎回開くとなるとウンザリしますね。現在のキーを記録しておきたい場合、キーが選択されている状態でメニューから「お気に入り」-「お気に入りの追加」を選択します。
    お気に入りの追加

    お気に入りの追加

  6. 必要に応じて名前を変更して「OK」をクリックします。
    名前を付けてOK

    名前を付けてOK

  7. すると付けた名前がお気に入りに追加されます。次回からは「お気に入り」-「RuNMRU(つけた名前)」でこのキーにすぐに移動できます。

WebブラウザのBookmarkと同じ感じですね。特に深い階層のキーから別の深い階層のキーに移動する場合には有難味が出てきます。

レジストリエディタをタスクバーにピン留め

毎回「regedit」を打ち込むのは面倒という場合は、タスクバーにピン留めすると便利です。

  1. レジストリエディタが起動している状態であれば、タスクバーにレジストリエディタのアイコンが表示されています。
  2. アイコンを右クリックし、表示されたメニューで「タスクバーにピン留めする」をクリックします。
    タスクバーにピン留めする

    タスクバーにピン留めする

  3. すると、次回からタスクバーのアイコンをクリックするだけでレジストリエディタをすぐに開くことが出来るようになります。(ユーザアカウント制御画面は経由しますが…)

終わりに

表題にWindows10と書きましたが、恐らく以前のWindowsでも同様のことが出来たと思います。(筆者には確認する環境がもうないので分かりません)レジストリを普段から弄るような人にとっては常識も常識の類と思いますが、実は筆者は「めんどっちーーーーーーー!!」とブーたれながらレジストリPathを律儀に辿っていましたので覚書です。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Tips, Windows, 覚書 , , , , ,