Windows10でWindowアクセサリをササっと使えるようにする方法

   

e233fe3c3e536416799be83af4055c7e_mb - コピー

Windows10でWindowsアクセサリを利用する方法をご存知ですか?昔からあるメモ帳とかペイントとかWindowsに組込みで用意されている基本的ツール群です。ん?誰だ、そんなショボいツール使わんから知らんって奴は!環境整っていない環境や他のユーザのPC使う時意外と重宝するんだぞ。

まあ、それはさておき、このツール群は古来Windowsのスタートメニューにあります。ただ、結構深い階層にあるのです。それもWindows10になってからスタートメニューに含まれるツールが増えてしまいました。場所を知っていても到達するのが大変です。

そこで今回はスタート画面のパネルとしてピン留め配置する方法を紹介します。

そもそもスタートメニューのどこにあるの?

  1. Windowsキーを押してスタートメニューを表示します。
  2. Wの場所まで、ガガーーーーっと、スクロールします。
  3. Windowsなんたらというのが大量にありますが、そこから目視で「Windowsアクセサリ」を見つけてください。
    Windowsアクセサリ

    Windowsアクセサリ

初回でもガガーーーっとスクロールする段階で嫌気がさしますが、これが繰り返しだったり、急いでいるとイライラします。少しだけマシにするにはスタートメニューの中のいずれかのインデックス(AとかBとか)をクリックするとインデックスのジャンプ画面に切り替わります。ここでWを選択するとスクロールしない分楽です。気休めにもならないですけど…。

Windowアクセサリをスタート画面にピン留め配置する方法

では早速…とはいかない

スタートメニュー上のアプリであれば、ここは話が早いのです。アプリを右クリックしてメニューから「スタート画面にピン留め」をクリックするだけ。超簡単。

でも、Windowsアクセサリはそうはいきません。Windowsアクセサリはアプリではなくフォルダです。スタート画面にあるフォルダは何故か「スタート画面にピン留め」が表示されません。だからといって、中に入っているアプリを一個一個となると結構な数があって大変です。ピン留めをしていくのも大変なら、ピン留め後のアイコンも大量なので限りあるパネル領域がゴチャゴチャにな散らばってしまいます。こうなると使い難いです。

フォルダのショートカットをピン留めする

  1. Windowsキー+Rキーを押下し、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを表示します。
  2. 名前欄に以下を張り付けて「OK」ボタンをクリックします。
    ファイル名を指定して実行

    ファイル名を指定して実行

  3. すると、スタートメニューの実際のフォルダがWindowsエクスプローラで開きます。
  4. Windowsアクセサリを見つけて、右クリックします。
    Windowsアクセサリの実フォルダ

    Windowsアクセサリの実フォルダ

  5. コンテキストメニューで「スタート画面にピン留めをする」を選択します。するとWindowアクセサリをスタート画面にピン留め配置されます。
    ピン留めをする

    ピン留めをする

  6. 使いたい場合、固定されて表示されたWindowsアクセサリをクリックすると、Windowsエクスプローラが開いて中のツール群が表示されます。

先のメニューで「クイックアクセスにピン留めをする」を選択してもいいですね。使いやすい方を選んでください。

終わりに

ピン留めは出来ましたが、スタート画面上で展開出来る訳ではなく、ショートカットを張っただけになっているので肩透かしかもしれません。でも、当初のWindowsアクセサリを探して面倒な操作をする手間は省けます。筆者は最初はCortana検索を使っていたんですけど、繰り返し使うとなると文字を入力すること自体手間だと思ってしまうんですよね。

もっとマシな手がありそうな気もするんですが、とりあえず筆者はこれで満足しています。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows10