ネット動画を即座に効果付きアニメGIFに変換するWebアプリ「gifs」

      2016/05/17

2016-05-05_23h57_03

アニメGIF画像作成方法として様々なツールやWebアプリ、或いは作成サービスが存在します。一個一個複数の異なる静止画を組み合わせてアニメーションのコマのように順番に表示させるのが基本です。ただ、それだと自由に好きな画像を作ることを出来る反面、とても手がかかります。

もっと楽な方法としてはネット動画から必要な部分を切り出して、アニメGIFにするという方法があります。別にアニメGIFにせずとも必要な部分の切り出しは簡単に出来ます。しかし、一旦作成してしまえば下手に動画を埋め込むより使いやすいので、インパクトの強い短時間のアニメGIFは未だ使いどころが多いものと思います。

今回は、わざわざツールを使うのではなく、オンラインでネット動画を即座に効果付きアニメGIFに変換するWebアプリ「gifs」を紹介します。

gifsの紹介

gifsとは

YoutubeやFacebook、Twitter、Vine、Instagram、World Star HipHopなどにあるオンライン動画のURLを渡すことで、対象の動画からの特定の時間帯の切り出し、キャプション追加や効果付けを行ったうえでGIFに変換することが出来ます。また、既存のローカルのGIFファイルをアップロードし、それに対しキャプション追加や効果付けをすることも出来ます

gifs.com - Make Gifs from YouTube Videos
gifs.com's Gif Youtube tool brings you the fastest way to create animated GIFs from YouTube

類型のWebアプリとしてimgurがあります。これもオンライン動画のURLから対象の動画からの特定の時間帯の切り出ししたうえでのGIFファイル化が出来ます。シンプルで非常に使いやすいのでこちらもおススメですが、効果付けの機能がありません。

Imgur
Imgur: The most awesome images on the Internet.

gifsの使いかた

  1. 例えば、Youtubeにある最近見つかった深海クラゲの動画をアニメGIFファイルにしてみます。URLをコピーします。
  2. gifsを開き、中央にある入力欄に貼り付けします。
    入力欄にURLを貼り付け

    入力欄にURLを貼り付け

  3. すると即座に別画面の編集ページに移動します。(ボタンを押す必要すらありません。張り付けると即動きます)
    編集画面

    編集画面

  4. 編集画面が表示されると同時に動画が再生されます。単純に時間の切り出しをするだけであれば、再生に合わせ下のタイムラインが編集状態になっていますので、これで開始時間と終了時間を設定してください。棒上のタイムラインをドラッグして長さを変えるだけなのでとても簡単です。
    タイムライン切り出し

    タイムライン切り出し

  5. 更に効果を追加したい場合、左側のメニューから追加したい効果をクリックします。するとタイムラインの下にクリックした効果の適用するタイムラインと設定項目が表示されます。ちょうどレイヤーみたいな感じで効果を重ねていくイメージです。効果を見ながら調整することが出来ます。また、不要であればそのレイヤーごと削除することも出来ます。
    追加効果の重ね掛け

    追加効果の重ね掛け

  6. 最後にファイルの保存です。「Create GIF」をクリックします。
    GIFの保存

    GIFの保存

  7. ただ、このサービスでは作ったGIFファイルはgifsで管理し自分のローカルに落として使うものでは無いようです。共有は色々と選択出来ますがダウンロードという選択はありません。
    共有の選択

    共有の選択

  8. 筆者の場合、とりあえずこの覚書に張り付けたかったのでAnnonymousを選びました。
    Annonymous

    Annonymous

  9. すると下図のように表示されます。ファイルとして欲しい場合は中段のGIFファイルのURLから直接入手出来ますし、gifsに対してEmbedしたりIframeで埋め込んで使うことが出来ます。
    ファイル出力

    ファイル出力

出力結果

以下をファイルとして作成しました。最初あたりに微妙にBlurを入れて終端と開始の切れ目のズレを胡麻化してみたつもりです。

アニメGIF

アニメGIF


終わりに

使い方によってはアニメGIFは強力に目を引くものなので、枯れたファイルフォーマットとはいえまだまだ侮れません。何かアピール出来るものを作る際上手く使えると良いですよね。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Webサービス