速攻で情報の「目利き」に俺はなる!公開Twitterリストを足場に独自リストを作る方法

      2016/05/17

Twitterリストの簡単コピー

Twitterでは通常のフォローしてつぶやきを眺める自分のタイムラインとは別に、複数のアカウントをまとめて管理できるリスト機能があります。リストの運用次第で色々な分類をしたり、用途分けが出来るので便利ですよね。リストは自前で作る以外に、公開されている他の人のリストにフォローして使うことも出来ます。

Using Twitter lists
<p>A list is a curated group of Twitter users. You can create your own lists or subscribe to lists created by others. Viewing a list timeline will show...

自分なりにリストを作り込んで使うのも良いですが、「この人は目利きだな」とか「このリストはいいね!」と思ったらフォローですぐに使えるのはとても便利です。実際世の中にはとんでもない目利きの人が惜しげもなく、情報ソースをリストとして公開してくれています。

それらを使うだけでも、とても便利で役に立ちます。しかし、今回はこの目利きの公開リストをコピーして、それを足場に自分の独自リストを簡単に作れるようにする方法を紹介します。上手くすれば、自分自身が速攻で情報の目利きになることが出来るかもしれません。

自分のリストとしてコピーして使うメリット

公開リストをフォローして便利に使えるのに、わざわざ自分のリストとしてコピーするのは以下のメリットがあるためです。

自分の嗜好に合わせた変更が出来る

いかに良く出来ているリストとはいえ、他の人が造ったものです。部分的に自分の嗜好に合わないとか、これを足したいということもあります。

しかし、自分のリストでは無い以上、勝手に追加したり削除したりは出来ません。フォローして参照させてもらっている以上仕方がありません。自分のリストなら、自分の嗜好に合わせて好きに変更することが出来ます。

意に沿わないリスト内容変更やリスト削除のリスクを軽減

そのリストが今のまま提供され続ける保証はありません。持ち主がリストの中身を変えることは当然あります。例えば、リストの中で気に入ったフォロー先が複数あったとして、それらだけがある日いきなりごっそり削除されてしまうことがあるかもしれません。その代わりに自分の興味がないフォロー先がドバドバ追加されてしまったりするかもしれません。最悪いきなりリスト自体が削除してしまうこともあるでしょう。そういった場合もフォローしているだけの立場ではどうしようもありません

大抵の場合、素晴らしい公開リストは、作成者の目利きで時間を経て猶更充実していくものですし、それを期待してリストをフォローする面もあります。リストをわざわざ削除すると言うこともあまり無いとは思います。でも、万が一が起きたときに自分のリストとして手持ちにしておけば、意に沿わないリスト内容変更やリスト削除のリスクを大幅に軽減できます。

Twitter List Copyを使う

では具体的にどうするか説明します。Twitter List Copyという無料のWebアプリを使います。

事前準備でコピー先のリストを作る

このアプリは自前でリストを新規に作ることは出来ません。コピーを行う前にコピー先のリストを事前準備で作っておく必要があります。また全くの空のリストという訳にいかないので何かダミーで良いので一つそのリストのフォロー先として登録が必要です。

以下はWeb版のTwitterでの新規リスト登録手順です。他にも手順はありますので分かるのでしたら次の項目に飛んでください。

  1. 自分のアカウントでWeb版のTwitterにログインします。
  2. 自分のアカウント以外のTwitterアカウントのページを開いて、歯車アイコンをクリックし、メニューから「リストへ追加または削除」をクリックします。(空ではないリストを作るための一時登録なので、閲覧可能な自分以外のアカウントナならだれでもいいです。不要なら後で削除するので、あまり拘るところではありません。)
    リストへの追加

    リストへの追加

  3. 表示されたダイアログで「リストを作成する」ボタンをクリックし、新規のリストを作ります。
    リストを作成

    リストを作成

  4. 「新しいリストを作成」画面で任意のリスト名の入力、プライバシー設定の選択をしたうえで「リストを保存」ボタンをクリックします。
    リスト名を付けて保存

    リスト名を付けて保存

  5. これでコピー先のリストが作成出来ました。

Twitter List Copyでリストをコピーする

  1. Twitter List CopyをWebブラウザで開きます。
  2. ページ内にある「Sign in with Twitter」ボタンをクリックします。
    認証のためTwitterにログインする

    認証のためTwitterにログインする

  3. Twitterの自分のアカウントに連係するアプリとして、このアプリに与える権限を確認の上「連係アプリを認証」ボタンをクリックします。
    アプリの認証を行う

    アプリの認証を行う

  4. 認証が終わるとTwitter List Copyの設定画面にリダイレクトされます。
    Twitter List Copyの設定画面

    Twitter List Copyの設定画面

  5. 試しにRechard Scoble氏のニュースリストをコピーしてみます。
    @Scobleizer/Tech News Brands on Twitter
    Connect with your friends — and other fascinating people. Get in-the-moment updates on the things that interest you. And watch events unfold, in real t...
    1. Copy From項目の最初の入力欄にリストの所有者のアカウントを入力します。
    2. 「Get Lists」ボタンを押下します。
    3. リスト欄で選択したアカウントの公開リストがプルダウンリストとなるため、コピーしたいリストを選択します。
      コピー対象を設定する

      コピー対象を設定する

  6. コピー先リストを選択してコピーを実行します。
    1. コピー先のリストを選択します。
    2. 「Copy」ボタンを押下します。
      コピーの実行

      コピーの実行

  7. 暫く待つと「Copy」ボタンの下にいくつのアカウントをリンク先にコピーしたかが表示されます。
    コピー結果

    コピー結果

  8. リストの内容がちゃんとコピーされているかどうか実際に自分のリスト管理画面で確認します。不要であれば事前準備で一時フォローしたアカウントを削除して完了です。

終わりに

転ばぬ先の杖、或いは自分なりのカスタマイズしたリスト作成の軽減材料として、こういったアプリを使ってTwitterの公開リストを自分のリストとしてコピーして独自リストを簡単に作るための方法を紹介しました。

イチから作るのではなく、先人の目利きの作り込んだリストをベースにすると、最初から品質は担保されています。別途オリジナルのリストをFollowしていると、そちらの変化を横目で見ながら自分のリストを変更して独自の成長と併せて運用出来ます(大抵のものの最短且つ最適な習熟は優れた先人の模倣です)。或いは先に挙げたようにバックアップとしてその時点での静的なリスト情報として使い続けるのも良いでしょう。Twitter List Copyの機能は非常にシンプルなので、どう使うかは幅があると思います。

皆さま、是非素晴らしい公開リストを作って筆者にコピーさせてください。情報とお金は天下の回り物ですし… :-D(酷いオチ) 。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Twitter, WebApp