OneDriveを無料で10GB容量追加するもう一つの方法

   

OneDrive

OneDriveは、Microsoftが提供するクラウドストレージサービスです。過去には大盤振る舞いで容量無制限を売りにしていました。しかし、一部ユーザが75TB以上バックアップで占有など無茶をしたことから、容量無制限は廃止、無償利用は15GBから5GBに容量縮小されると昨年11月にアナウンスされました。

Microsoft、「OneDrive」の無料容量縮小ヘ “容量無制限”は終了
Microsoftのクラウドストレージ「OneDrive」は、コンシューマー向け「Office 365」ユーザーであれば容量無制限に使えたが、一部のユーザーが75Tバイトものデータのバッ...

とはいえ、いきなりの10GB減では真っ当に利用していたユーザは堪ったものではなく反発が出ました。これを受けて、希望者は1/31までにオプトイン申請すれば15GB保持出来る措置を急きょ行ったりすったもんだがありました。そして、とうとう容量減の実施日は目前に迫ってきました。

「OneDrive」の無料容量削減は90日後より執行開始、Microsoftが対象ユーザーに宣告開始 -INTERNET Watch
 Microsoftはクラウドストレージサービス「OneDrive」のヘルプページを更新し、無料ユーザーが使用できるストレージ容量の削減に関して、“変更のロールアウトが開始さ...

期限は過ぎているので、残念ながらもうオプトイン申請は出来ません。でも、実はそれとは別に無料で10GB追加する方法があるので以下に紹介します。

今から出来るOneDriveの容量の増やし方

自分以外の誰かに容量追加用のリンクをクリックしてもらい、OneDriveにサインインしてもらいます。すると、一人サインインごとに自分とサインインしてくれた人の双方に500MBの容量が増えます。最大20人分10GBまで追加可能です。

他のクラウドストレージでもよくある紹介系のボーナスです。でも、これなら今からでも出来ますし、とりあえず期限が切られていないので、のんびり出来ますよ。

容量を増やすためのリンクはどこ?

以下の手順で入手してください。

  1. 自分のアカウントでOneDriveサイトにサインインします。
    Microsoft OneDrive - Access files anywhere. Create docs with free Office Online.
    Store photos and docs online. Access them from any PC, Mac or phone. Create and work together on Word, Excel or PowerPoint documents.
  2. サインイン後、右上の歯車マークをクリックし、メニューで「オプション」をクリックします。
    オプション

    オプション

  3. オプション画面下部にある「紹介特典」の「増量」をクリックします。
    増量

    増量

  4. すると、あなたの容量増のためのリンクが表示されます。その場で各種SNSに対して投稿できるようにもなっています。紹介すると喜んでくれる知人・友人(或いはちょっと面倒でもサインインしてくれる心の広いお方)にお伝えして、上手くすれば容量増が出来る筈です。
    容量追加のためのリンク

    容量追加のためのリンク

ちなみに、筆者の容量追加リンクはhttps://onedrive.live.com?invref=23ed305a666f936f&invscr=90です。もし、良ければクリックしてサインインして頂ければ、その方と筆者二人共に少し幸せになれます。

終わりに

500MBづつチマチマ追加なんて割が悪いなあ…と思われるかもしれません。でも、溜まっていけば何かと役に立つのでこういう機会はなるべく上手く使いたいですね。

それはそうと、海外では5GB以上を使っていたユーザに対してOffice365 Personalを一年無償で使えるようにする破格の措置があるようです。つまり一年間は1TBまで使える上にOfficeも使えちゃう。今回の覚書内容なんて吹っ飛んじゃうような内容です。でも、日本、中国、香港、および Office 365 Personal と OneDrive の両方またはいずれかが発売されていない国では無効です。だそうです。何という格差!と思う訳ですが、まあ無いものは仕方ないのでチマチマやりましょう。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Microsoft