タブをドメイン毎に1クリックで整理出来ちゃうTab Organizer

   

お掃除拡張

今時のWebブラウザはどれもこれもタブを沢山開くことで出来ます。実際、ユーザにとっても色々見たいところを開いては見比べたり出来てとても便利です。

しかし、沢山開いてしまうと全く脈絡の無い大量のタブで、逆に何がどこに埋まっているのか分からなくなってしまいます。便利だろうと色々手に届くところに物を置きすぎて汚部屋を形成するプロセスと良く似ていますね。

今回はこの大量のタブをドメイン毎にパパッと並び替えてグループ状に扱えるChrome拡張を紹介します。

Tab Organizer拡張とは

タブのベースURLごとの並び替えが簡単に出来る

例えば、このように大量のタブを開いています。ここまで来るとしっちゃかめっちゃかで正直使いにくいです。

整理前

Chromeのメニューバー上に出来た拡張ボタンをクリックすると、パパッと下図のように並び替えがされます。

整理後

赤く筆者が囲った部分は、ご存じGoogleの検索結果がひとかたまりになっています。他のタブは同じベースURLではないので、あまり変わり映えしませんね。でも、気に入って読みこみ始めたようなサイトが複数タブにある場合、更にこの拡張は効果を発揮する筈です。

ちなみにグループ内の並び順は整理前のタブの並び順を引き継いでいます。ですので、どんどん調べ物をしてはタブを増やしていた場合には、ほぼ使用した時系列に並びます。(使い方に依存しますから絶対ではないです)

固定タブの並び替え除外

自動並び替えはとても便利ですが、並び替えてほしくない場合もあるでしょう。

この拡張が並び替えを行うのは固定されていないタブだけです。つまり、並び替えをせずそのまま並び順を保持したいタブは固定(ピン)すれば、そのままとなります。

Tab Organizer拡張の導入

通常のChrome拡張の導入と同じです。

  1. ChromeでChromeウェブストアのTab Organizer拡張ページを開きます。
  2. ページ右上の「Chromeに追加」をクリックします。
    Chromeに追加

    Chromeに追加

  3. ポップアップしたウィンドウで「拡張機能を追加」ボタンをクリックします。

    拡張機能を追加

  4. Chromeのメニューバー上に拡張のボタンが出来ます。

    拡張ボタン

  5. オプションも無いのでインストールはこれで終了です。ただ、この拡張ボタンだけのためにメニューバーせ領域を確保しておくのは勿体ないので、ボタンを右クリックして「Chromeメニューで非表示」を選択します。
  6. アドレスバーに「chrome://extensions/」と入力してEnterキーを押下します。するとChrome拡張機能のページが開きます。このページの最下部まで移動し「キーボードショートカット」をクリックします。

    拡張機能ページ最下部

  7. 表示されたページの中でTab Organizerを探し、適当な空いているショートカットを割り付けます。これでボタンをクリックせず、簡単にタブの並び替えが出来るようになります。

    ショートカット割り付け

注意点

この拡張の並び替えは不可逆、元に戻せません。ですので、どうしても並び替えをしたくない場合は先に説明したようにタブ化することになります。

終わりに

筆者もタブは開き放題…汚部屋メーカーとしての才能を日々遺憾なく発揮しまくっているのでこういった発想の機能は有り難いです。

ただ、一点悩ましいのは、タブをある程度以上開くとタブに表示されるタイトル文字が判読できなくなります。そこは並び替えたところで変わらないので併せて何とか出来ると尚嬉しかったなあ…と思う次第です。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Chrome, 拡張