超簡単にFacebookの引用シェア機能を追加できるFB-Quote-Plugin-For-WP - 適宜覚書-Fragments

超簡単にFacebookの引用シェア機能を追加できるFB-Quote-Plugin-For-WP

      2016/04/19

引用シェア

Facebookの引用シェアは、Save機能と併せてリリースされた最新のソーシャルプラグインです。

Facebook、新しいデベロッパーツールを発表。アカウントキット、プッシュ、引用シェア等 | TechCrunch Japan
今日のF8カンファレンスの主役はチャットボットかもしれないが、Facebookは様々な開発ツールを公開して、デベロッパーがアプリを開発し、成長させ、そして収益化する手...

Facebookがウェブやモバイルサイト向きに作った新しいプラグインを使うと、引用部分が強調された特別なタイプのニュースフィード記事を作ることができる。デベロッパーは、自動的に引用したり、テキストを選択するとポップアップするボタンを置いて、ユーザーがコピー&ペーストしなくて済むようにできる。

Save機能の方は早々にChrome拡張がリリースされています。一方、引用シェア公式のJavascriptのコードと組み込み方が公開されているだけです。勿論これを組み込めば(Wordpressならテーマの中に組み込めば)比較的簡単に利用出来ます。

しかし、それだと常に引用可能な状態になってしまいポップアップが邪魔臭いですし、テーマに直接書き込むのも維持管理が面倒になりそうで嫌です。筆者は、出来れば閲覧者側が自由にどのサイトでも使える引用シェア拡張、或いはWordpressプラグインで簡単に導入したり取り外したり出来るといいなあと思っていました。

今回は後者の方になります。手っ取り早く超簡単にFacebookの引用シェア機能を追加できるFB-Quote-Plugin-For-WPを紹介します。

FB-Quote-Plugin-For-WPの導入

  1. FB-Quote-Plugin-For-WPプラグインのページを開きます。
    WPTie/FB-Quote-Plugin-For-WP
    FB-Quote-Plugin-For-WP - Adds Facebook quote plugin to your WordPress site. So, that readers can share quotes from your site to Facebook.
  2. ページ右側にある「Download ZIP」をクリックします。
    プラグインのダウンロード

    プラグインのダウンロード

  3. 所有するWordpressの管理画面で「プラグイン」-「新規追加」で「プラグインの追加」画面を表示し、画面上部の「プラグインのアップロード」をクリックします。
    プラグインのアップロード

    プラグインのアップロード

  4. 「ファイルを選択」ボタンをクリックして、先ほどダウンロードしたプラグインのZIPファイルを選択します。その後、「今すぐインストールする」をクリックします。
    ファイルからインストール

    ファイルからインストール

  5. インストールが完了した後、「プラグインの有効化」をクリックし有効化を行います。
    プラグインの有効化

    プラグインの有効化

  6. このプラグインは設定画面がありません。導入はこれで完了です。

サイト管理者が記事に対し引用シェア機能を有効にする

記事の編集画面で記事内のどこかに

というショートコードを挿入し、保存します。場所は問いません。ショートコードを含む記事は引用シェアが可能になります。

閲覧者が引用シェアを行う

実際に引用シェア出来るようこの記事と昨日の記事(5ステップでWindows10のQuickTimeをアンインストールする方法)に引用シェア機能を有効にしてみました。以下はテストで筆者が引用シェアしてみた際の記録です。

  1. 何かしら引用したい部分をマウスカーソルで選択します。すると、下図のように「Share Quote」というポップアップが表示されますのでこれをクリックします。
    引用個所を選択してシェア

    引用個所を選択してシェア

  2. 編集・確認画面が表示されるので必要であれば、追記したりシェア範囲を変更して、通常のシェアと同様に「Facebookに投稿」で投稿できます。
    編集画面

    編集画面

  3. 投稿結果も期待通りに引用シェアがされていました。
    投稿結果引用シェア出来てた

    投稿結果引用シェア出来てた

終わりに

先に書いたように筆者はこの機能はどちらかと言えば、サイトが機能を用意するのではなく、閲覧者がどのコンテンツに対しても引用シェア出来るようになるのが望ましいと思っています。

使ってみて一点なんとかしたいのが、ポップアップした吹き出しの位置です。自分の環境だけかもしれませんが引用個所からかなり上の部分に出現します。CSSで調整しようとしたのですが、力及ばずトホホなのです。

しかし、新機能を手軽に試してみるには良いプラグインだと思いました。プラグインを無効化すれば、簡単に動作しなく出来ますし、投稿毎に設定できるのは使いやすいです。せっかく設定してみましたし、まだ実装しているサイトも少ない状況ですのでこの記事で引用シェアの実際を試してみてはいかがでしょうか?

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook, Windows, WordPress , , , , , , , , ,