Windows10スタートメニューのおすすめアプリの表示をお断りする方法

   

お断りします

最近見なくなりましたが、押し売りお断り、セールスお断りという張り紙、昔は玄関先あたりに張っている家が良くありました。そういうものが無くなったかと言えば、そうではありません。Web、Mailなど経路を変え、あなたへのおすすめとまことしやかに忍び寄ってきます。

今回表題に挙げたおすすめも似たような話です。Windows10には、スタートメニューでストアのアプリをおすすめする機能が既定で有効です。

スタートメニューのおすすめ

スタートメニューのおすすめ

もしかすると掘り出し物の何かを偶然見つける機会かもしれませんが、筆者にとっては正直かなり邪魔です。そこで今回はこのおすすめをお断りする、即ち消してしまう設定を紹介していきます。

Windows10のスタートメニューのおすすめを消す方法

  1. Windowsキーを押下してスタートメニューを表示させ、その場で「スタート」と入力します。すると、Cortana検索画面で「スタート」が検索されます。
  2. 検索結果の「スタート設定」をクリックします。
    スタート設定を開く

    スタート設定を開く

  3. 表示されたスタート設定画面の右側のメニューから「ときどきスタート画面におすすめを表示する」のトグルをクリックしてオフにします。設定はこれだけです。
    「ときどきスタート画面におすすめを表示する」をオフ

    「ときどきスタート画面におすすめを表示する」をオフ

ちなみに先のスタート設定画面には他に2つアプリ関連の設定があります。これらも不要であれば、スタートメニューの場所を占有するのでオフにしておいてもよいかもしれません。

  • よく使われるアプリの表示:この表示は可変で自動で表示されます。よく使うものであればスタートメニューではなくタスクバー他に固定で置いて使うような気がします。あればあったで便利かもしれませんけど…。
  • 最近追加されたアプリの表示:ついさっきインストールしたアプリのインストール個所が分からなくなったりする場合重宝するかも…。

終わりに

前提としてこの設定はユーザ任意判断で設定するものです。筆者のようにおすすめは邪魔と思う人は消せばいいし、ウェルカムな人はそのままで良いでしょう。ただ、OSインストール時から既定で設定されていて「これ、邪魔だけど何とかならんの?」と思っていた人にとっては有用な選択肢になると思います。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Tips, Windows10