Windows10で使いたいインストール済アプリを簡単にサッとすぐ見つける方法

   

Windows10でアプリをすぐに見つける方法

Windowsに何かしらアプリケーションをインストールすると、スタートメニューやデスクトップにアプリケーションのアイコンが出来ます。普段よく使うアプリケーションならデスクトップに出来たアイコンを据え置きにするか、タスクバー上にショートカットをピン留めすると便利です。

でも、とりあえずインストールして数回使って、後は必要に応じて使うようなアプリはどうでしょうか?使う頻度があまり高くないショートカットを次から次へ置いておくとデスクトップやタスクバーはアイコンだらけになります。便利になると良いと思ったのにむしろ使い難くなってしまいます。かといって、ミニマリストよろしく普段使わないアプリはアンインストールして使う毎にインストールしますか?それはそれで格好良い気もしますが、面倒臭くて継続が困難なので怠け者の筆者には致命的なまでに不向きです。

では、アンインストールもせず、デスクトップやタスクバーも汚さず、スタートメニューのどこかに置いておきましょう。いざというとき探すのが面倒じゃないかって?いえ、Windows10ならそうでも無いのです。

スタートメニューから簡単に早くインストール済アプリを見つける

  1. とりあえずWindowsキーの押下か左下のスタートボタンでスタートメニューを表示します。
  2. 「すべてのアプリ」をクリックします。
    すべてのアプリ

    すべてのアプリ

  3. インストールされているアプリやWindowsのビルトインツールが名前の頭文字で分類されてリスト化されているのでお目当てのアプリを探します。
  4. このリストは縦に長いのでスクロールして探すのが面倒であれば、頭文字のいずれかをクリックします。例えば、マウスカーソルの一番近くにあったCをクリックしてみます。
    頭文字別に分類されてリスト表示

    頭文字別に分類されてリスト表示

  5. すると、頭文字のインデックスだけのページになります。これで開きたいアプリの頭文字をクリックすれば、わざわざスクロールせずとも該当箇所までジャンプできます。こうすれば、かなり移動の手間が省けて簡単に早くアプリを起動させることが出来ます。
    頭文字インデックスショートカット

    頭文字インデックスショートカット

もっと簡単に早く検索機能でインストール済アプリを見つける

  1. とりあえずWindowsキーの押下か左下のスタートボタンでスタートメニューを表示します。
  2. アプリ名に含まれるだろう文字を入力します(頭文字である必要は無く、途中の文字でもOK)。するとWindows10ではお馴染みのCortanaさんの検索画面になり、検索結果の一部としてアプリが表示されます。
    Cortana検索

    Cortana検索

  3. 最初の検索ではヒットした上位しか表示されないので上部のアイコンで「アプリ」をクリックすると、対象のアプリのリストが表示されます。
    検索結果をアプリで絞り込む

    検索結果をアプリで絞り込む

  4. 探す対象のアプリが一つだけピンポイントならスタートメニューを操作するより簡単で楽です。逆に複数のアプリをあちらこちら探しては開くような探し方ならスタートメニューを使った方が良さそうに思います。

終わりに

スタートメニューの頭文字でのインデックス表示はWindows8でも使えたみたいなのです。でも、Windows7から10にアップグレードした筆者にはこの表示の仕方にはちょっとビックリしました。検索機能も格段に便利になっていますし、これから先Windows10はアップデートしていくことで更に便利になっていく筈なので、どうなっていくか楽しみです。(アニバーサリー更新では目玉の機能があれこれあがっていますが、一方で地味な部分でも手を入れてくれそうな気がします)

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Tips, Windows10