とっても簡単!Google検索で色んな動物の鳴き声を聴けるよ

      2016/04/06

動物の鳴き声

GoogleもBingも気が付けば、検索結果画面にユーザの操作に従って動くインタラクティブなカラクリをあれやこれや仕込んでいます。今回紹介するのは動物の鳴き声の仕掛けです。特に小さいお子様がいらっしゃるおうちでは、手軽に一緒に遊ぶことが出来るのでオススメです。

使用方法は簡単です。

動物の鳴き声を聴いてみる

  1. google.co.jpなら「動物の声」または「動物の鳴き声」で検索します。
  2. すると検索結果画面の上部に下図のような領域が表示されます。
    検索結果に音声確認ツールが表示される

    検索結果に音声確認ツールが表示される

  3. 見ての通り、動物ごとにカードになっていて動物の名前とイラスト文字で書いた鳴き声が書かれています。カード内にあるスピーカーアイコンをクリックすると音声が再生されます。
    鳴き声の再生

    鳴き声の再生

  4. エリアの左右に表示されている方向マークをクリックで表示内容をスクロールして他の動物を表示させることが出来ます。日本版は「ライオン」「フクロウ」「ヒツジ」「馬」「類人猿」「ブタ」「ネコ」「アヒル」「イヌ」「シチメンチョウ」「ヘレジカ」「ウシ」「ホッキョククジラ」「アライグマ」「シマウマ」「ゾウ」「トラ」「ザトウクジラ」「ニワトリ」の鳴き声が再生出来ます。
  5. え?自分のページにはそんなに無い?そうですね。一度に表示されるのは10種だけです。順番や種類はランダムです。鳴き声を聴きたい動物が表示されないならF5キーなどでブラウザを更新します。いずれお目当てが表示される筈です。

日本版以外も試してみよう

動物の鳴き声なんてどこでも一緒だろう?確かに鳴き声自体は一緒なのですが、それを聴く人のいる国によって鳴き声の表現が違います。どこの国でもニワトリはコケコッコー、犬はワンワンではありません。Googleの動物の鳴き声ツールを使うとこの違いを簡単に見ることが出来ます。

  1. 動物の声」または「動物の鳴き声」検索結果ページで右上にある「歯車」アイコンをクリックし、表示されたプルダウンメニューで「言語」を選択します。
    設定-言語

    設定-言語

  2. 表示された言語選択画面で任意の言語を選択し、「保存」をクリックします。
    言語を選択

    言語を選択

  3. すると選択した言語版の先ほどの「動物の声」ページに戻ります。例えば、ドイツ語を選んだ場合、このように表示されます。
    ドイツ語版

    ドイツ語版

  4. 同じ操作で色んな言語での動物の呼び名や鳴き声の表現を確認できます。別にその言語についての知識が必要なわけではないのであれこれ見てみると楽しいです。切り替えの際の操作や選択項目の位置は同じですので変更で困ることも無いと思います。

終わりに

ちょっとした仕掛けですけど、こういうの楽しいですね。実は「動物の声」は昨日今日出来たものじゃありません。ただ、少しづつ表示される動物の種類が増えています。たまに覗いてみると意外な動物が追加されているかもしれませんね。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google