最大50GBまで無料のMediafireユニバーサルWindows10アプリをいじってみた

      2016/03/15

2016-03-13_22h43_06

Google DriveやDropboxなどが席捲して時久しく、皆さまご存知の通りクラウドストレージサービスは雨後のタケノコのように生まれては消えしています(ご参考:【2015最新版】徹底比較!無料から使用できるクラウドストレージサービス30選 | Ptengine Blog)。その中でも2006年からサービス提供をしているMediafireはいぶし銀のような実力派として生き残っています。Mediafireならではの尖った固有の機能は無いものの、その分安心して使うことが出来ます。無料で最大50GBまで利用できるのも地味に魅力です。

そんなMediafireが、ユニバーサルWindows10アプリの提供を開始しました。元々Webブラウザ経由での利用やファイル同期等出来ましたが、スタートメニューから直接必要な機能を呼び出せるようになり、より便利になりました。

以下、アプリのインストール及び提供される機能概要を紹介します。

MediafireユニバーサルWindows10アプリのインストール

  1. Windows10でスタートメニューからストアを開きます。
    ストアを開く

    ストアを開く

  2. ストアの右上の検索窓で「Mediafire」と入力すると、検索結果にMediafireのアプリが見つかるので、これをクリックします。
    Mediafireを検索

    Mediafireを検索

  3. 表示されたページで「無料」をクリックします。すると、ひとしきりインストールが行われます。
    「無料」をクリックする

    「無料」をクリックする

  4. Mediafireを既に使っているならすぐにログインして使用出来ます。未使用の場合、下部にあるSign-Upをクリックします。筆者は未入手だったのでSign-Upに進みました。
    ログインまたはサインアップ

    ログインまたはサインアップ

  5. サインアップの場合、氏名、メールアドレス、パスワードを入力し、使用者承諾書の承認(内容を読んでチェックボックスをオン)の上、「Create Mediafire Accout」ボタンをクリックしアカウントを作成します。
    サインアップ情報の入力

    サインアップ情報の入力

  6. カメラというローカルフォルダの写真や画像をMediafireに自動バックアップするかどうかの確認があります。任意で選択してください。後でも設定できますので筆者はここは「Skip」しました。
    画像ファイルの自動バックアップ設定

    画像ファイルの自動バックアップ設定

  7. アプリが起動し、Mediafireの既定のフォルダが表示されます。
    アプリの既定状態

    アプリの既定状態

  8. アプリの左上端のメニューアイコンをクリックして「設定」をクリックし右側にスライドインするメニューで「Setting」をクリックすると、先ほどスキップした同期設定を行うことが出来ます。
    アプリの設定画面

    アプリの設定画面

  9. 尚、アカウントは正式に有効にするため、サインアップ時に登録したメールアドレスに以下のMailが来ているので、「Click This Link」をクリックして認証処理を完了します。
    認証処理

    認証処理

  10. アプリだけではなく、MediafireのWebサイトからの利用も勿論出来ます。

提供される機能概要

以下のようなことが出来るという売り文句が書いてあります。

  • 自動的に全ての写真、動画のバックアップ
  • 既定で10 GB無料で利用可能
  • 条件を満たすことで無料で最大 50 GBまで利用可能
  • WindowsフォンからPCに写真を同期
  • 音楽や動画のストリーミング
  • 指先の簡単な操作で重要ファイルをバックアップ
  • ドキュメント、表計算、プレゼンファイル、動画を見たり、音楽を聴いたり出来る
  • フォルダやファイルの作成、管理
  • メール、SMS、facebook、Twitter、Weibo経由でファイルを簡単に共有したり、リンクのコピーペースト
  • 全てのファイルやフォルダの迅速な検索機能

被っている機能紹介があったり、今時普通だよね…という機能が殆どですが、冒頭書いたように最大50GBまで無料で利用できるのは魅力です。左程条件が厳しい訳ではないので、ちょこちょこ開放して使ってみても良いかもしれません。

50GBまでの拡張条件

50GBまでの拡張条件

Twitterやfacebookで投稿、アカウントの接続、デスクトップアプリのインストール、モバイルアプリのインストールなどで8GBすぐに増やせますが、やはり大きいのは友人、知人の紹介です。ちなみに筆者の紹介リンクはhttps://mfi.re/?doi8xjqです。ポチッとして参加して下さる奇特な方がいらっしゃると嬉しいです。

終わりに

筆者の場合メインPCではそれほど外部ストレージの必要が無いのですが、サブPCは安さと軽さが身上でクラウドストレージに依存しています。いい加減何かしら課金してまっとうな環境にしないといけないとは思っているのですが、当面のところその予算もなく、これは少し良いかも…と思って飛びついた次第です。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Webサービス, Windows10