範囲選択で一発!怒涛の複数リンク処理を可能にするLinkclump拡張

   

範囲選択

GoogleやBingの検索結果、ニュースサイト、ソーシャルbookmarkサービス、これらには沢山のリンクがページ内に配置されています。一個一個見出しを見てこれと思うところをポチポチとリンクをクリックしていくのが普でしょう。

一方、上からここからここまで纏めて見たい、纏めてブックマークしたい、なんて場合もよくあります。既定の環境ではそういうことは出来ません。「仕方ない、ポチポチやるしか無い」と諦めたらいけません。範囲選択で一発、怒涛の複数リンク処理を可能にするLinkclump拡張があります。

この拡張はChromeとFirefoxで利用出来ます。今回はChromeで紹介していきます。

  1. ChromeウェブストアでLinkclump拡張ページを開きます
    Linkclump拡張ページ

    Linkclump拡張ページ

  2. 右上の「Chromeに追加」ボタンをクリックします。
    Chromeに追加

    Chromeに追加

  3. ポップアップしたウィンドウで「拡張機能の追加」をクリックします。
    拡張機能を追加

    拡張機能を追加

  4. 拡張がインストールされChromeメニューバー右端に拡張ボタンが追加されると同時にChromeが別ウィンドウでLinkclumpページを自動で開きます。
    Linkclumpページが別ウィンドウで開いた

    Linkclumpページが別ウィンドウで開いた

  5. これで導入は終わりですぐ範囲指定でリンクを纏めて開く機能を使えるようになります。ただ、纏めてBookmarkする機能やクリップボードにリンクをコピーする等便利な機能も追加出来るので以下はその設定も行います。画面最下部の「Options」ボタンをクリックします。
    Optionsボタン

    Optionsボタン

  6. Linkclump拡張の設定画面が開きます。Actions、FAQ、Blacklistの3つのエリアがあります。
    Linkclump拡張設定画面

    Linkclump拡張設定画面

    1. Actions:対象を別タブで開く、以外に別ウィンドウで開く、Bookmarkする、クリップボードにリンクをコピーするなど挙動設定がここで出来ます。また、その挙動をする際の操作もカスタマイズ出来ます。
    2. FAQ:よくあるQ&Aということですが、応用的な使い方が書いてあります。
    3. Blacklist:範囲指定の際、開きたくない内容が混ざって一緒に処理することを避けるため、処理対象外のURLを設定出来る。
  7. 今回はActionsエリアの「Add Action」ボタンをクリックして挙動を追加します。
    挙動の追加

    挙動の追加

  8. 挙動設定画面では、マウスボタンとキーの操作組み合わせ、範囲指定の表示(Activation)、挙動の選択(Action)、その他高度な設定(AdvancedOptions)が出来ます。設定が終わったら、「SAVE」ボタンをクリックし保存します。
    挙動設定

    挙動設定

  9. 筆者は、以下のように3つの挙動を設定しました。
    挙動設定後

    挙動設定後

    1. 別タブで開く(既定):マウス右クリック(オレンジで囲む)
    2. クリップボードにコピー:Shift+マウス右クリック(紫で囲む)
    3. Bookmark:Ctrl+マウス右クリック(緑で囲む)
  10. 実際に試してみます。どこでもよいのですが、とりあえずGoogleニュースで「電力自由化」を検索してみました。検索結果のトップから纏めて幾つか見たいです。
    纏めてリンク先を見たい!

    纏めてリンク先を見たい!

  11. 先に設定されているように右クリックすると範囲指定できるようになっています。範囲を指定出来たら右クリックをリリースします。下図のようにオレンジで選択範囲が囲まれ選択されたリンクが赤く囲まれます。
    右クリックで範囲指定

    右クリックで範囲指定

  12. すると、このようにバババッと纏めて別タブで開きます。
    複数タブで纏めて表示

    複数タブで纏めて表示

  13. クリップボードへのコピーをテキストエディタに張り付けるとこんな感じです。
    クリップボードへコピー

    クリップボードへコピー

  14. Bookmarkは操作した日付日時でフォルダが出来、その下に各リンク先が登録されます。
    まとめてブックマーク

    まとめてブックマーク

終わりに

実のところ、筆者は筆者は最初っからこういう機能を「仕方ない、ポチポチやるしか無い」と諦めていたんですが、あるものなんですねえ。便利便利!

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Chrome, Firefox, 拡張