何だとっ!?拡張無しにChromeの組み込み機能でタブの休止が出来るぞ!

   

やられた!

ああ、何てことだろう。先日に使ってないタブを休止状態にしてChromeのメモリ消費を節約しよう!Great Suspender拡張という記事を書いた訳だけど、実は拡張無しにChromeの組み込み機能でタブの休止が出来るのです。

勿論、拡張には拡張の良さがあります。でも、昨今流行りのミニマリズムっぽくChromeの素の機能を率なく使いこなせるのは、ちょっと粋じゃないですか?最終的に何を使うかは措くとして、目的に対しての実現の選択肢は多いに越したことはありません。

ということで、筆者が今さっき知ったばかりの機能を覚書します。

  1. アドレスバーに「chrome://discards/」と入力し、Enterキーを押下します。
    アドレスバーに「chrome://discards」を入力

    アドレスバーに「chrome://discards」を入力

  2. すると、下図のようにDiscarded Tabsが表示されます。このタブが表示されていれば休止化機能が有効になります。
    Discarded Tabs

    Discarded Tabs

  3. Discarded Tabsの上には、現在開いているタブで使用していると判別された順に並び替えられたリストが表示されます。つまり、下の方にあるのが使用されていないっぽいタブです。尚、休止対象の判別順は、Tab Discarding and Reloadingに記載されています。
    タブの使用順リスト

    タブの使用順リスト

    1. Internal pages like new tab page, bookmarks, etc.(新規に開いたタブ、ブックマークなどChromeの内部機能的なページ)
    2. Tabs selected a long time ago(暫く選択されていないタブ)
    3. Tabs selected recently(最近選択されたタブ)
    4. Tabs playing audio(音声再生をしているタブ)
    5. Apps running in a window(アプリが動いているタブ)
    6. Pinned tabs(固定表示のタブ)
    7. The selected tab(現在選択されているタブ)
  4. この機能が有効だと、使用されていないっぽいタブを順次自動的に判別し休止状態に変えていきます。休止状態になれば、そのタブはメモリを消費しなくなります。
  5. 自動的な休止のタイミング(休止条件は上記だが適用時期が分からない)は不明ですが、ある程度猶予を持たれています。リスト下部にある「Discard tab now」をクリックすると、即座に使用されていないっぽいタブ群を纏めて休止状態にします。
    今すぐ休止

    今すぐ休止

  6. 自動的に判別された優先順位での休止ではなく個々に手動で休止状態にしたい場合は、Discarded Tabsのリストで対象のタブの横に表示されている「Discard」をクリックすればOKです。
    個別手動休止

    個別手動休止

  7. 復旧も簡単です。見たいタブをクリックすれば、休止状態から復旧して内容を再度読み込みます。
  8. Discarded Tabs下部にはメモリの使用状態も明示されます。
    メモリ使用状況

    メモリ使用状況

この機能には弱点もあります。Discarded Tabsは自動で機能するものの表示内容は自動更新されません。あくまでこの画面を表示した際の状態を静的に示すだけです。現時点の状態を表示させたいなら、画面を更新するか、手動で「Discard tab now」や「Discard」をクリックした際の結果で画面更新されるのを利用するかです。

終わりに

筆者が良く理解出来ていない部分もあります。各タブのリストにあるDiscard数、Discard tab nowのDiscard数です。

Discard数

Discard数

恐らく前者はそのタブで過去に休止回数履歴、後者はタブを消去したものを含めDiscarded Tabsを開始してからの休止回数履歴と思いますが、残念ながら確信を持てません。

とはいえ、表記した通り、せっかくの組み込み機能です。上手く使いこなせると素敵ですよね。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Chrome, Tips