Windows10のスタートメニューの一等地によく使うフォルダを表示するには

      2016/03/02

良く使うフォルダ

Windowsで良く使うショートカットの置き場として、一等地と言えるのはデスクトップ、タスクバー、それに次いでスタートメニューが挙がると思います。このスタートメニューにクイックアクセスにあつらえてあるような代表的なユーザフォルダへのショートカットを設定する方法を以下に説明します。

  1. Windowsキー+SキーでCortanaの「なんでも聞いてください」検索エリアを開きます。
  2. 検索窓に「表示するフォルダ」と入力します。
    「表示するフォルダ」で検索

    「表示するフォルダ」で検索

  3. 検索結果の「スタート画面に表示するフォルダを選ぶ」をクリックします。(設定画面から辿って行っても良いのですが、この例のように比較的深い階層の場合、検索したほうが早いです)
    検索結果をクリック

    検索結果をクリック

  4. 以下の設定画面が表示されるので任意に表示したいフォルダをオン、オフ自由にトグルで設定します。
    表示するフォルダのトグル設定

    表示するフォルダのトグル設定

終わりに

良く使いそうなフォルダが沢山設定可能ですが、全部を設定してしまうと場所を取り過ぎてしまいます。せっかくのスペースなので厳選して設定しておいた方が活用できるのではないかと思います。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Tips, Windows, Windows10