Windows10の時計に他のタイムゾーンを追加するには

   

追加された時計の表示

Windowsでは以前のバージョン(それもかなり昔のものから)でも時計に他のタイムゾーンの追加をすることが出来ました。

しかし、Windows10になった際、画面のデザインや設定画面の繋がりが結構あれこれと変わっているので少しだけ勝手が違います。今回は表記の通り、Windows10の時計に他のタイムゾーンを追加する手順を説明します。

  1. Windowsの下部タスクバー右端じある時計をクリックすると、大きなカレンダーと時計の画面が表示されます。この画面の下部の「日付と時計の設定」をクリックします。
    日付と時計の設定

    日付と時計の設定

  2. 「時刻と言語」画面が「日付と時刻」が選択された状態で開きます。右ペインを最下部までスクロールし「別のタイムゾーンの時計の追加」をクリックします。
    別のタイムゾーンの時計の追加

    別のタイムゾーンの時計の追加

  3. 「追加の時計」タブが選択されて別ウィンドウがポップアップします。ここでは2つまで別ゾーンの時計を追加できます。追加する際は、まず「この時計を表示する」のチェックボックスをオンにし、次にタイムゾーンをプルダウンリストから選択します。最後に「表示名の入力」で分かりやすい表示名を記入します。2つめを追加するのであれば下のエリアで同様の設定をします。記入後「OK」ボタンを押下すれば、設定完了です。
    時計の追加

    時計の追加

  4. 設定が完了すると、先ほどの大きなカレンダーと時計の画面の上部に追加した時計が表示されます。
    追加された時計の表示

    追加された時計の表示

  5. タスクバーの時計をクリックせず、マウスオーバーした際も小さなポップアップで追加した時計が表示されます。
    ポップアップでも表示

    ポップアップでも表示

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, Windows10