謹賀新年

   

新年ご挨拶

新春を寿ぎ、ご挨拶申し上げます。

除夜の鐘を聞きつつ寝入ったにも関わらず、朝方はごろごろと布団の中で二度寝に勤しみ初日の出は拝めませんでした。まどろみから抜け出したのが8時くらい。昨日仕込んであったもち米は餅つき機へ。出来るまでの間にシイタケや数の子、鰊の昆布巻き、黒豆などを摘み、そのあとお雑煮を食べました。

実家の雑煮は白味噌に丸餅だったけれど、我が家は豚をベースとした透明な吸い物につきたて餅を入れる。とてもシンプルだけど美味しい。多分細かいところでは他に何か入っているのだろうけれど…。餅の一部はあんころ餅ときな粉餅にしました。

一通りお腹がいっぱいになると特にやることもなく、年末同様のんびりです。少し前には新年だからと抱負を捻り出して誓ったりしたものだけど、今は陽だまりでぬくもっている方を選んでしまいます。だらしなくなったといえばそうだし、あまり急ぐ必要が無くなったというのもあります。

まだ外には出ていないけれど、空を見上げると雲一つない快晴、きっと空気もすっきりしています。後で散歩がてら近くの神社に初詣をしてきます。

本年も皆様にとってご多幸な年となりますよう、祈念いたします。

2016年元旦 🙂 

**アイキャッチ画像は、copyright c 2006 「年賀状わんパグ」 all rights reserved

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 生活