Windows10のスクリーンショットフォルダを任意の場所にするには?

   

既定のスクリーンショットフォルダ

ツールを使わずにWindows10でスクリーンショットを取るには、PrtScボタンを押下してアクセサリのペイントやOfficeアプリケーション等に張り付けるというのが昔ながらの方法です。

でも、一枚一枚張り付けるのは手がかかります。とりあえず画像ファイルとしてバシバシ取っておきたい場合はWindowsキー+PrtScrキーを同時押下です。すると一瞬画面が灰色で暗転した後、全画面のスクリーンショットが保存されます。保存結果は、「ピクチャ」フォルダ内の「スクリーンショット」フォルダにpng形式で蓄積されます。

既定のスクリーンショットフォルダ

既定のスクリーンショットフォルダ

この「スクリーンショット」フォルダへのショートカットを任意の場所に置けばすぐに取った内容を使うことが出来ます。ただ、そもそもがWindowsお仕着せの「ピクチャ」フォルダではなく、任意の場所にスクリーンショットフォルダを置いて使いたいという場合は以下の方法で置き場所を変更できます。

  1. まず、任意の場所に好きな名前で保存用のフォルダを作成します。(既にあるフォルダを使うなら作成不要)
  2. 「ピクチャ」フォルダ内の「スクリーンショット」フォルダを選択し、右クリックメニューで「プロパティ」を選択します。
  3. 「場所」タブをクリックします。
    場所タブ

    場所タブ

  4. 「移動」ボタンをクリックし、最初に作成したフォルダを選択して「フォルダの選択」ボタンをクリックし「OK」ボタンを押します。これで任意の場所にスクリーンショットを保存できます。

アクセサリにはスニッピングツールというより高機能なスクリーンショットツールがあります。また、取得後の加工やファイル名指定をしたい場合様々なツールを使ったほうが効率的かもしれません。ただ、手っ取り早く画像を取っておいて、後で纏めて加工という手番なら、保存場所を任意設定した方が便利な場面もあるかもしれません。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, Windows10