Windows10起動時に任意のメッセージを表示させるには

      2015/12/15

regedit

Windows10のログイン時、あるいはロック時に任意のメッセージダイアログを表示させる方法を以下に記します。例えば、自分以外のユーザがPCを触ったときに目を通してもらう、或いは共有PCなどに仕込んでおいて、利用時の留意事項などを表示させる等の使い方が出来るのではないかと思います。

Windows7や8でも同様に動くそうですが、自分はWindows10Homeで確認を取っています。(その他の環境は未確認)

  1. Windowsキー+Rキーで「ファイル名で実行」ダイアログを表示します。
  2. 「regedit」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。
    regedit

    regedit

  3. 起動したレジストリエディタのレジストリツリーからHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Systemを開きます。
  4. 右側に表示されたlegalnoticecaptionがカスタムメッセージのタイトル部分となります。名前をダブルクリックして表示させたい文字列を値欄に入力し「OK」ボタンをクリックします。
    メッセージタイトル

    メッセージタイトル

  5. 同様にlegalnoticetextはメッセージ本文部分で同様に値を設定します。
    メッセージ本文

    メッセージ本文

  6. 入力が終わったら、レジストリエディタを終了し、Windowsを再起動します。すると、以下のように指定した通りの任意のメッセージが表示されます。

メッセージはWindowsの認証画面の前に表示されます、正確には一瞬認証画面が表示された後、設定したメッセージ画面に遷移します。残念ながら肝心のメッセージ画面のスクリーンショットを取ることが出来なかったのですが、動作は確認できました。淡い青背景に白文字のシンプルな画面です。(青背景に白文字と言うとブルースクリーンエラーを否応なく連想してしまうので、あまり好きな配色ではないのですがカスタマイズ出来なそうです。)

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Win7, Win8CP, Windows, Windows10