東京クリスマスマーケット2015に寄ってみた

      2016/05/21

お星さま

冬ですね。暖冬と言われ、今日は特にお昼には20度超えだったのですが、一応師走、クリスマスの月です。街中ではハロウィンが終わるや否や11月からクリスマスソングが流され、夜にはイルミネーションがピカピカしています。毎年恒例の景色です。

クリスマスピラミッド

クリスマスピラミッド

だから…という訳でもないのですが、日比谷公園で本日から12/25まで開催されている東京クリスマスマーケット2015に寄ってきました。(行ってきた…と言うのは、何の買い物もしてこなかった身としてはおこがましいので自己規制的表現。)

クリスマスマーケットって、何?

クリスマスマーケットとは | 東京クリスマスマーケット2015より引用:

「クリスマスマーケット」は、ドイツをはじめヨーロッパ各地にある、中世から続く伝統的なお祭りです。
どこの街でも、中心部の広場では特徴的なクリスマスのデコレーションに、イルミネーション、そして伝統的なお菓子やグリューワイン(ホットワイン)、雑貨などが屋台で売られ、11月末から12月25日までのクリスマス・シーズンには欠かせない風物詩となっています。

とのことです。いまいち自信無さそうなのは、実は自分も昨日初めて知ったからです。軽く調べたところ、日本でもあちこちで行われているようなのですが、日比谷公園でやるのは初めての模様です。

自分の場合、偶然公園を通りかかったときに、目立つ風変わりな塔(冒頭の写真)がそびえ立っているのが目に入ってついフラフラと近寄ってしまいました。これはクリスマス・ピラミッドと言うものだそうです。高さは14メートル。本場であるドイツから持ち込んできたものらしく、塔の中にはくるみ割り人形や煙出し人形みたいなものや、いかにも欧風な飾りつけでこのイベントの象徴的なオブジェです。

初日の様子

実を言えば、昨日準備中の時にこの塔に魅せられてイベントを知って、今日も今日とて寄ってみました。流石に初日ということもあって結構な人出がありました。エントランスはこんな感じで、ゲートを潜るとお星さまの短い回廊を通って会場へ入ります。

エントランス

エントランス

お星さま

お星さま

ただでさえ今晩は普段より暖かかったわけだけど、とはいえビールをゴクゴクというのは想像するだに寒い感じがする。でも、あちらこちらにストーブが配置されていて、外とは思えないくらい暖かい。雨が降ったりしない限り心地よく過ごせそうな感じ。それに何より人が多くて、皆お祭り気分なのかとても楽しそうにしている。この雰囲気はとてもいい。オクトーバーフェストほどお酒に寄っている訳ではなく、なんか仲間内で寄り添って和気あいあいと楽しんでいる感じがする。

お店はドイツ料理とかホットワインとか、そんなに気取った感じもなく、かといって普段身近であまり見かけないようなものが出ている。お店の上のや脇などそこここに配置された飾り物がクリスマスらしさを強く感じられるのも面白かったです。

お店の上のスノーマン

お店の上のスノーマン

お店の脇にもスノーマン

お店の脇にもスノーマン

お店の上のオブジェ

お店の上のオブジェ

くるみ割り人形ズ

くるみ割り人形ズ

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 生活