今回の移転の理由 - 適宜覚書-Fragments

今回の移転の理由

   

初回支払い

これまでにも色々な場所で日記やらBlogやらを書いては移転を行ってきました。

例えば、はてなダイアリーを止めた理由は、あまりに内輪寄りのコミュニティやサービス運営が生理的に合わなくなったこと、その時期のサポートが残念すぎたことなどがありました。後者は一時的なものだったでしょうけれど、前者は根本の部分なので今もってあの時の判断は正しかったと思っています。

では、今回は何故移転するのか?非常に単純です。

お金の問題です。

今現在使っているレンタルサーバは、Bluehost.comという海外ホスティングです。多少は動作が遅いこともありますが、総じて安定して稼働していて満足でした。また、海外ホスティング会社の常として、初期費用無料、月々の使用料も国内の同程度仕様のサービスより格段に安かったのです。

ただ、それも契約した初回に限るのです。2010年の初回契約時は月あたり3.95$で2年間。
初回支払い

2012年に更新した際は、ガッと上がって月あたり7.95$。
二回目支払

2014年に更新した際は、微増で月あたり8.99$。
三回目支払

そして、2016年に提示されたのは、月あたり10.99$!!!流石にこれはきつい。同程度の国内サービスと同じくらいになったと言えなくもないけれど…。かなり気に入っていたのだけれど、こうなると他のサービスに鞍替えする方が良いという判断になった訳です。

国内だとさくらサーバとかlolipop、エックスサーバ等も視野には入りました。でも、初期費用が必要だったり、価格と仕様のバランスを考えると、今一つという感じに見えました。

折りしも海外レンタルサーバはブラックフライデーで、ディスカウントをしているタイミング。比較するのも馬鹿馬鹿しくなるような値段で、それなりに耳にしたことのあるサービスが幾つかありました。渡りに船ということで飛びついてしまったというのが、今回の移転理由です。

ちなみに今回のサーバは月あたり1.29$(初回に限る)。とはいえ、元の価格帯は結構いいお値段なので次は次でどこかへ渡り歩くことを考えないといけませんけれど…。

そういったことなので少しづつバックアップしたり、あーでもないこーでもないと引っ越し準備を進めています。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書