BLOG活動再開のためリハビリを開始しよう

   

old-1130741_640

表題通りBLOG再開を前提に書く練習、リハビリを始めます。

2年間…そうほぼ2年間BLOG活動を停止していました。理由は簡単だ。書くのが面倒になったからです。こう書くときわめて我儘で身勝手でやる気が無い人のようだが実際その通り。まずは活動停止の背景、そして復帰に至る考えや環境の変化、今のこころづもりなどを書いていきます。

2年前の活動停止の背景

言い方を変えれば、生活面での様々な変化がありました。まず、父が亡くなった。次に勤める会社が変わった。そして、色々と疲れてしまったのです。心理的にも勿論だし、タイムマネジメント以前に環境変化に翻弄されて目の前のことで手いっぱいになってしまいました。当然の如くそれらに比べれればBLOG活動を含めた趣味に配分する余裕、リソースが全くなかった。無理をしてやったところで出てくるものは愚痴かその周辺のものをまき散らすのが関の山。その上無理が重なれば書くこと自体が嫌になる。そう気づいた以上はどんなに書くのが好きであっても活動停止するしか自分には選択肢が無かったのです。

別にこれは悲劇ではありません。単にそういう目下の優先順位から選択を行い、実行しただけのことです。

現状報告と視点興味の変化

さて、2年が経った今自分の状況はかなり変わった。正確に言えば今年に入ってから激変しました。仕事は異常に忙しくなってきました。しかし、それは辛いことではなく、例えようもなく面白くエキサイティングで操作可能な領域に変わってきました。これによってタイムマネジメントも自分の手の中に常に持てるようになってきた。とはいってもその実感を踏みしめて確実なものとして飼いならした実感を持ったのはここ数週のことだけれど、とにもかくにも自分観点で余裕が出てきました。

更にこれまでと視点が変わってきました。2年前以前の自分は少なからずネットではネット上のネタを一生懸命追っていた。例えば、Web技術であったりOfficeソフトや基本OSのTIPS、便利なツール、サービスの紹介、或いははてななどで顕著なWeb論客の議論などなど。

でも、今は違う。それらに全く興味が無くなったわけではないし面白いと思うものはあるけれど、自分には不要なものが多いとはっきり分かりました。自分にとって不要なものを一生懸命追いかけてそれを無理やり消化しアウトプットに結び付けるなんて無理はするだけ意味が無い。自分にとっての興味や価値が別のものであると分かった以上は、選別して不要なゴミには一切触れない。それがいかにWebの流行に即したものであってもゴミをゴミを有難がって食うのは趣味の領域ではなく重篤な救いがたい病気の類です。それも極めて危険な伝染病でWeb2.0あたりでパンデミックを起こして以来発病者や保菌者しかWebには見当たりません。それにいちいち付き合う義理もボランティア精神もないのでやめちゃいましょうと…

今後の方向性

話がずれた。これはこれで一つの話題として書けるようなジャンルなので深堀りは気が向いたら行うとして、そろそろ出来てきた余裕の一部をBLOG書きにも振り向けようかと思ってダラダラとリハビリ記事をしたためた次第です。

ここ一ヶ月ほどTwitterでも週末を中心に時間のあるときにあれやこれや書いてみたりして、140文字制約で書けないことも度々出てきたし、そういったものの再録や書き加えも出来たらいいかもと思っています。

そういう経緯もあるので、2年前と毛色が同じものではないけれど、今の自分なりを少しづつ書けたらよいなと思いつつ、復活ののろしをまずは上げたいと思います。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - 覚書