これは素敵!一時的にWindowsのSleepを防止する軽量ツール-Sleep Preventer - 適宜覚書-Fragments

これは素敵!一時的にWindowsのSleepを防止する軽量ツール-Sleep Preventer

      2017/03/03

これは素敵!一時的にWindowsのSleepを防止する軽量ツール-Sleep Preventer

これは素敵!一時的にWindowsのSleepを防止する軽量ツール-Sleep Preventer

Windowsには電源オプションとして、指定時間操作をしないとディスプレイ電源を切ったり、スリープ状態にする便利な機能が備わっています。しかし、悩ましい点もあります。プレゼンや長時間の自動処理の最中にもスリープしてしまうのは困りものです。そうかといって一時的な処理のために深い階層にある電源オプション設定を変えるというのは気が重い操作です。

今回は、一時的にWindowsのSleepを防止する軽量ツール-Sleep Preventer を使い、この問題を解決しましょう。

Sleep Preventerで一時的にWindowsのSleepを防止する

  1. Sleep Preventerは、WindowsXP、Vista、7で利用可能な軽量ツールです。インストールやレジストリ変更が不要のため簡単に導入が出来ます。
  2. WebブラウザでSleep Preventerページを開きます。

    Sleep Preventerページ

    Sleep Preventerページ

  3. ページ内のSleep Preventer 1.3というリンクをクリックします(記事記載時点での最新が1.3)。すると、「Sleep Preventer.zip」がダウンロードされます。

    ダウンロード

    ダウンロード

  4. ダウンロードしたファイルを解凍すると下図のような2ファイルが出来ます。このうち「Sleep Preventer.exe」がこのツールの本体です。必要であれば任意の場所に移動し、実行しやすいようにショートカットをデスクトップなどに作成すると良いでしょう。

    解凍後

    解凍後

  5. 「Sleep Preventer.exe」をダブルクリックで実行すると、下図のようなウィンドウが表示されます。単純にスリープを防止するだけなら、「Prevent Sleep」ボタンをクリックしてください。すると、スリープが防止が開始され、ウィンドウが最小化されます。

    Prevent Sleep

    Prevent Sleep

  6. ウィンドウは最小化されるだけで-Sleep Preventer は常駐動作しています。右下のタスクバー内にアイコンがあり、これをクリックでトグルすることでスリープ防止のオン・オフ切り替えが可能です。またアイコンを右クリックすることでメニューから操作することも出来ます。

    タスクバーアイコンからの操作

    タスクバーアイコンからの操作

  7. また、先ほどの「Sleep Preventer.exe」のウィンドウにはタイマー機能でスリープ防止期間(既定はInfinite=ずっと)を指定することも出来ますし、ディスプレイだけオフという設定も可能です。

おわりに

今回は、これは素敵!一時的にWindowsのSleepを防止する軽量ツール-Sleep Preventerと題し、よりWindowsを利用しやすくする方法を紹介しました。MacOSXの場合は、似たようなツールとしてCaffeineというものがあります。

この記事がお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Windows, ツール , , ,