QRコードをGoogle Chromeから読み取れるようにする-QRreader beta拡張 - 適宜覚書-Fragments

QRコードをGoogle Chromeから読み取れるようにする-QRreader beta拡張

   

QRコードをGoogle Chromeから読み取れるようにする-QRreader beta拡張

QRコードをGoogle Chromeから読み取れるようにする-QRreader beta拡張

QRコードというと、まずは携帯電話(スマホ含む)での読み取りを思い浮かべることと思います。これを使えば長く複雑なURLの入力などなしに、間違いなく目的のWebページを開くことが出来ます。

しかし、この便利なQRコード、基本的にカメラの付属するモバイル機器用です。PCの場合だと入力をしなければなりません。キーボードで入力出来るとはいえ、QRコードが配置されているなら読み取って楽をしたいものです。今回は、これを解決すべくQRコードをGoogle Chromeから読み取れるようにする-QRreader beta拡張を紹介します。

QRreader beta拡張の導入

  1. Google ChromeでQRreader beta拡張ページを開きます。

    QRreader beta拡張ページ

    QRreader beta拡張ページ

  2. ページ内の「Add to Chrome」をクリックします。

    Chromeに追加

    Chromeに追加

  3. 「新しい拡張機能の確認」ウィンドウで拡張のアクセス可能範囲を確認します。これが問題ないなら、「追加」ボタンをクリックします。

    追加

    追加

  4. Chrome上部右端のレンチメニューから吹出しが表示されたら、拡張の導入は完了です。この拡張は設定やボタン生成はありません。

    導入完了

    導入完了

QRreader beta拡張を使ってみる

  1. この拡張の使い方は非常にシンプルです。何かしらQRコードを見つけたら、その画像にマウスオーバーして右クリックします。

    QRコードを右クリック

    QRコードを右クリック

  2. 表示されたメニューから「Read QR code from image」を選択します。

    Read QR code from image

    Read QR code from image

  3. QRコードの内容がURLである場合は別タブでリンク先が開きます。上図は弊BlogのURLを開きます。
  4. また、QRコードがテキストである場合、別ウィンドウをポップアップして内容表示させます。ただし、日本語はダメで半角のアルファベットのみですのであまり使うことは無いかと思います。

おわりに

今回は、QRコードをGoogle Chromeから読み取れるようにする-QRreader beta拡張と題し、PC上のWebブラウザでもQRコードを活用する方法を紹介しました。

この記事がお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Webブラウザ , , , ,