WebページのmailtoリンクとGmailを紐づける機能がChromeに追加されました - 適宜覚書-Fragments

WebページのmailtoリンクとGmailを紐づける機能がChromeに追加されました

   

WebページのmailtoリンクとGmailを紐づける機能がChromeに追加されました

WebページのmailtoリンクとGmailを紐づける機能がChromeに追加されました

表記の通り、WebページのmailtoリンクとGmailを紐づける機能がChromeに追加されました。これまでもAffixagAttach等外部ツールを使ってmailtoリンクとGmailを紐づけは可能でした。しかし、今回の変更で標準でmailtoリンクをクリックでGmailを開いて送信が出来ます。

以下にmailtoリンクとGmailを紐づけの追加及び無効化方法を紹介します。

mailtoリンクとGmailを紐づけをChromeに追加する方法

  1. Chromeで自分のアカウントでGmailを開くきます。
  2. 画面上部に下図のように「Gmail(mail.googl.com)でメールリンクをすべて開くようにしますか?」という確認のバー表示がされます。もし、mailtoリンクをクリックでGmailを開いて送信出来るようにしたい場合は「Gmailを使用」をクリックします。即座に設定がされます。

    Gmail(mail.googl.com)でメールリンクをすべて開くようにしますか?

    Gmail(mail.googl.com)でメールリンクをすべて開くようにしますか?

  3. 紐づけをしない場合、「いいえ」をクリックしても良いですが、そうすると当面Gmailを開くたびに確認バーが表示されます。それはちょっとウザったいですよね。そこで次の方法で無効化をすると良いでしょう。

mailtoリンクとGmailの紐づけを無効化する方法

  1. まず、一旦は上記の「Gmailを使用」をクリックし、mailtoリンクとGmailの紐づけを有効化します。
  2. 次にChromeの上部右端のレンチアイコンメニューから「設定」をクリックします。(或いは、chrome://chrome/settingsを開きます)

    設定

    設定

  3. 設定画面最下部の「詳細設定」ボタンをクリックします。

    詳細設定

    詳細設定

  4. 詳細設定画面上部にある「コンテンツの設定」ボタンをクリックします。

    コンテンツの設定

    コンテンツの設定

  5. コンテンツの設定画面の中ほどにある「ハンドラの管理」ボタンをクリックします。

    ハンドラの管理

    ハンドラの管理

  6. プロトコルハンドラ画面が表示されます。この中に「mailto」の紐づけで「gmail」と表示されます。無効化したい場合は、gmailと書かれたプルダウンリストで「(なし)」を選択します。もし、今後もずっと使わないのであれば、「このサイトを削除」をクリックしても良いです。

    プロトコルハンドラ画面

    プロトコルハンドラ画面

おわりに

今回は、WebページのmailtoリンクとGmailを紐づける機能がChromeに追加されました、と題し便利な機能追加について紹介しました。この内容はAllow websites to open special types of links - Google Chrome Helpにも書かれています。

この記事がお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google , , ,