今年を超簡単に総括してシェア!ひとり流行語大賞2011&わたしの漢字2011 - 適宜覚書-Fragments

今年を超簡単に総括してシェア!ひとり流行語大賞2011&わたしの漢字2011

      2017/03/03

今年を超簡単に総括してシェア!ひとり流行語大賞2011&わたしの漢字2011

今年を超簡単に総括してシェア!ひとり流行語大賞2011&わたしの漢字2011

大晦日です。この日になると思い出したように今年は何をやったっけ…と総括するのはよく見かける風景です。でも、この総括っていうのがまた一苦労です。何も材料が無い状態で今年の初め頃に何をしていたかを明確に書き出せる人は稀です。従い、調べなおし、思い出し、咀嚼して更に他人が分かるような形で纏め直さねばなりません。

Twitterのように短い断片を書いては出し、といったフローを続けているとそれこそ朝ごはんに何を食べたか?というか今日ご飯食べたっけ、と若年性のボケを冗談抜きで発症するくらい記憶が曖昧になったり…。そんな人には総括は無理!!と思うところ素晴らしい総括アプリが出ていました。とっても簡単!これで筆者も安心だ、ということで以下にひとり流行語大賞2011&わたしの漢字2011を紹介します。

前提

TwitterかFacebookかのどちらかを今年一年利用していること

ひとり流行語大賞2011

  1. Webブラウザでひとり流行語大賞2011 - 2011年にFacebook,Twitterであなたが一番発言した単語を診断しますを開きます。

    ひとり流行語大賞2011

    ひとり流行語大賞2011

  2. 「Facebookで診断開始」か「Twitterで診断開始」か使いたい方をクリックします。筆者は「Twitterで診断開始」にしてみました。

    FacebookかTwitterかを選択

    FacebookかTwitterかを選択

  3. すると、暫く処理画面が表示された後、結果が表示されます。とっても簡単ですね!(´ー`*)

    筆者のひとり流行語大賞2011

    筆者のひとり流行語大賞2011

  4. 筆者の場合、純粋なつぶやきよりもBlog更新の通知が多いということもあり、弊Blog「適宜覚書」が第一位で260回つぶやいていたようです。
  5. 年間のBest10が分かる他、各月のTopのつぶやき単語を挙げてくれます。11月の単語だけ見に覚えが無いのですが、そういうことも口走ったのでしょうか?(゚ω゚;)
  6. この結果はTwitterやFacebookでシェアすることが出来ます。(筆者の例ではTwitterになっているようです)総括の作成から公開までが一発ですので超簡単ですねえ。

    シェアも簡単

    シェアも簡単

  7. シェアされたつぶやきにはTopの画像も添付されます。
    daccot が2011年に一番多く発言した単語は【適宜覚書】です。 その他のランキングはこちら → http://t.co/B1ax6cWD #watatan2011 http://t.co/dTDeZVf1

わたしの漢字2011

  1. Webブラウザで私の漢字2011 - 2011年にFacebook,Twitterであなたが一番発言した漢字を診断しますを開きます。

    わたしの漢字2011

    わたしの漢字2011

  2. 「Facebookで診断開始」か「Twitterで診断開始」か使いたい方をクリックします。筆者は「Twitterで診断開始」にしてみました。

    FacebookかTwitterかを選択

    FacebookかTwitterかを選択

  3. すると、先ほどと同様暫く処理画面が表示された後、結果が表示されます。とっても簡単ですね!

    筆者の漢字2011

    筆者の漢字2011

  4. 先ほどと同様年間のBest10と各月のBest10の漢字が表示されます。被っていますが、適宜覚書のそれぞれの漢字が拾われています。書が出たのは他にも使う場面があったからでしょうけれど、個人的に嬉しい結果です。

おわりに

 今回は、今年を超簡単に総括してシェア!ひとり流行語大賞2011&わたしの漢字2011と題してWebサービスの紹介をしました。この手のTwitter、Facebookを利用したサービスは珍しくは無いのですけれど、年末のばたばたしているときに合わせてきたのは素晴らしいなと思います。

普通流石に大晦日になると諦めがついて総括もやめてしまうところ、どんなにすぐ諦めちゃうような人でもそれなりに自他共に納得がいく結果が出ますしね。゚+.゚(´▽`人)゚+.゚

この記事がお役に立てると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook, Webサービス, 覚書 ,