改悪に異議あり!Google Readerに従来の共有を取り戻す拡張-ReaderSharer - 適宜覚書-Fragments

改悪に異議あり!Google Readerに従来の共有を取り戻す拡張-ReaderSharer

      2017/03/03

改悪に異議あり!Google Readerに従来の共有を取り戻す拡張-ReaderSharer

改悪に異議あり!Google Readerに従来の共有を取り戻す拡張-ReaderSharer

最近のGoogleときたらなんでもかんでもGoogle+に繋げて、馬鹿の一つ覚えばかり!まったくもう!ほんとにもう!そういう思いの方もきっといらっしゃることでしょう。つい先日Google Readerにもとうとう手が入り、従来のReaderユーザ間の共有機能を廃止してしまいました。

確かにそれくらいのことをしないとGoogle+の影が薄くなる…という判断は正しいでしょう。でも、共有を通して自分とは全く別の観点を持つ方々の知見に触れられることをもっと大事にすべきでした。今回は、この従来型の共有を再度手元で利用できるようにするChrome拡張ReaderSharerを紹介します。

ReaderSharer拡張の導入

  1. Google ChromeでReaderSharer拡張ページを開きます。

    ReaderSharer拡張ページ

    ReaderSharer拡張ページ

  2. ページ内の「Add to Chrome」をクリックします。

    Chromeに追加

    Chromeに追加

  3. 「インストールの確認」ウィンドウで、拡張機能のアクセス可能範囲が表示されます。これが問題なければ、「インストール」ボタンをクリックします。

    インストール

    インストール

  4. 上部ツールバー右端のレンチアイコンから吹出しでインストールが終わった旨表示されます。この拡張はボタン生成やオプション設定は無く、導入はこれで完了です。

    インストール

    インストール

ReaderSharer拡張を使ってみる

  1. Google ChromeでReaderを開き、何かしらフィードの記事詳細を開きます。すると、記事下部のメニューに「Share」が復活しています。
    1. 既定の下部メニュー

      既定の下部メニュー

      既定の下部メニュー

    2. ReaderSharer拡張導入後の下部メニュー

      拡張導入後

      拡張導入後

  2. 勿論、このShareは飾りではありません。クリックすればちゃんと従来通りShare出来ます。
  3. 更に左側のメニューに「あなたがFollowしたユーザの共有」「自分が共有したもの」を選択出来ます。

    「あなたがFollowしたユーザの共有」「自分が共有したもの」

    「あなたがFollowしたユーザの共有」「自分が共有したもの」

  4. 実際にこのメニューで開いたフィードの詳細を見ると、しっかりシェアしてくれたFollow先も載っています。

    シェアしてくれた人

    シェアしてくれた人

残念なお話

悲しい事実も幾つかお伝えしなければいけません

まず、Follow先を追加したり、編集したりすることはもう出来ません。これまでにFollowしていた人にしか意味が無い拡張です。次に、これが致命的なのですが、纏めて既定でShareへの導線を無くしてしまったため、従来のShareをしている人はすごく少なくなってしまいました。

この拡張、いずれ本当に無くなる機能を懐かしむ…という意味では有効ですが、ありし日のように使うということは出来ません。羊頭狗肉なタイトルで申し訳ないのですけれどorz

おわりに

今回は、改悪に異議あり!Google Readerに従来の共有を取り戻す拡張-ReaderSharerと題し、拡張機能を紹介しました。同じ内容でGreaseMonkey UserScript版もありますのでFirefoxでも使えるようです。

この記事がお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Webブラウザ , , , , ,