iPhone4Sの音声アシスタント機能「Siri」が接続エラーを起こして困った際の処方箋 - 適宜覚書-Fragments

iPhone4Sの音声アシスタント機能「Siri」が接続エラーを起こして困った際の処方箋

      2017/03/03

設定

iPhone4Sの音声アシスタント機能「Siri」が接続エラーを起こして困った際の処方箋

iPhone4Sの音声アシスタント機能「Siri」楽しんで活用していますか?音声で質問をすると、それを解釈したうえで返事をしてくれます。絶妙にウィットに富んだ回答を用意していたり、Webで検索した結果を教えてくれたり反応も多様です。これはネットを介して音声をサーバに送信し処理結果を音声合成で返しています。まるで昔に映画か何かで見た未来的なガジェットを具現化したが如くです。

とても面白い機能ですが、ネット接続に問題があった際Siriを起動すると、「Siriを使用できません」とメッセージが現れ処理が停止されます。そして、一部ではネット接続が正常であるのに、接続エラーとなる場合があるようです。今回はこの解決手順について以下紹介致します。

「Siri」が接続エラーを起こして困った際の処方箋

  1. 以下の処理は、iPhone4Sの音声アシスタント機能「Siri」が接続エラーを起こして困った際の対応法です。正常時には不要です。また、この処理を行ったことでデータ損失があっても筆者は責任を取れませんので、ご自分のリスクで実行してください
  2. iPhoneの「設定」アイコンをダブルタップして、設定画面を表示します。

    設定

    設定

  3. 設定画面メニューから「一般」をタップします。

    一般

    一般

  4. 一般画面メニューから「Siri」をタップします。

    Siriをタップ

    Siriをタップ

  5. 表示されたSiri設定画面でSiriを「オフ」にします。(接続エラーが出ていても「オン」のままになっているので手動で「オフ」に変えます)

    Siriをオフにする

    Siriをオフにする

  6. 確認画面が表示されますので「Siriを無効にする」ボタンをクリックします。

    「Siriを無効にする」

    「Siriを無効にする」

  7. 【重要】この後一切の操作をしないで1分間置きます。(iPhoneそのものを手放して置いておくくらいでいてください。何か操作した場合Siriサーバからの切断が正常に行えないかもしれません)
  8. 設定画面メニュー最下部にある「リセット」をタップします。

    リセット

    リセット

  9. リセット画面のメニューにある「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

    ネットワーク設定をリセット

    ネットワーク設定をリセット

  10. 【重要】この処理をするとネットワーク接続設定がiPhoneから失われます。接続情報を再設定できるよう別途記録が必要です。記録が無い場合は作成してください。確認画面が表示されますので「ネットワーク設定をリセット」ボタンをクリックします。
    「ネットワーク設定をリセット」

    「ネットワーク設定をリセット」

  11. 暫くするとiPhoneが再起動します。これでネットワーク設定が工場出荷時のデフォルトになります。再度接続情報を設定します。
  12. 「設定」-「一般」-「Siri」でSiri設定画面でSiriを「オン」にします。これでSiriの接続エラーは解消する筈です。もし、これでも上手く行かない場合はAppleが公式に不具合対応をするまで待つしかありません。

おわりに

今回は、iPhone4Sの音声アシスタント機能「Siri」が接続エラーを起こして困った際の処方箋と題し、不具合対応方法を紹介しました。この記事の元ネタは、How To Fix iPhone 4S Siri’s “I’m Not Able To Connect Right Now” Errorです。

この記事がお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - iPhone, Tips , , ,