フェイクのiPhoneのSMSメッセージ画像を簡単に作成できる-iFakeText - 適宜覚書-Fragments

フェイクのiPhoneのSMSメッセージ画像を簡単に作成できる-iFakeText

      2011/10/19

iFakeText

フェイクのiPhoneのSMSメッセージ画像を簡単に作成できる-iFakeText

SMSは、電話番号宛の送受信ができるショートメッセージサービスです。iPhoneやiPadではiOS5にすることでiMessageとして更に機能が増強され、電話番号単位ではなくAppleIDで接続出来るようになりました。わざわざ電話するのは重いけれど、てっとり早くお喋りしたり用件を伝えるのに便利な機能です。

このSMSを利用状況は簡単に画像に取ることが出来ます。Homeキー+Powerキーでカシャリ!が常道ですが、プライベートな内容を晒すのはリスキーですね。必要なところだけ抜き出したり、或いは頭に浮かんだ仮想の対話を絵にしたいこともあるでしょう。では、画像を捏造してしまいましょうか?(発想がアレですけど…)

今回は、フェイクのiPhoneのSMSメッセージ画像を簡単に作成できる-iFakeTextを紹介します。

iFakeTextを使ってみる

  1. WebブラウザでiFakeTextを開きます。

    iFakeText

    iFakeText

  2. まず、「Enter a name」欄に仮想SMSメッセージのユーザ名を入力します。iPhoneのSMSでも一番上に大きく表示されているあの自分のユーザ名に相当するものです。(仮想ですから別に自分のユーザ名でなくてもいいですよ(゚∀゚))

    ユーザ名

    ユーザ名

  3. 次は通信キャリア選択です。ここが残念なのですが、VerizonとAT&Tしか選べません。日本だったらauとSoftbankがあると嬉しいのですが、我慢するしかありません。

    通信キャリア

    通信キャリア

  4. そして、肝心のメッセージです。最初に下図のような例文があるので参照してもらうとよいでしょう。最初のDadやSonなど「:」までは結果に反映しないコメントのようなものです。誰が話したのか便宜的に書いておくと便利です。メッセージは改行するまでは一つのメッセージと見なされます。日本語も反映します。

    メッセージ(フォーマットに注意)

    メッセージ(フォーマットに注意)

  5. 入力が終わったら、最下部の「Create Your Screenshot」ボタンをクリックします。

    「Create Your Screenshot」ボタン

    「Create Your Screenshot」ボタン

  6. するとページ遷移して下図のようなフェイクのiPhoneのSMSメッセージ画像(http://ifaketext.com/nxz9asu2)が出来上がります。キャリアさえ日本のものであれば騙されちゃいそうですね(゚∀゚;;)。

    フェイクのiPhoneのSMSメッセージ画像

    フェイクのiPhoneのSMSメッセージ画像

  7. FacebookやTwitterなどへの共有が簡単に出来るリンクやボタンが左メニューに列挙されていますので必要に応じて使ってみましょう。日本語の場合、サムネイル画像で文字化けしてしまうので、利用に制限が出てしまうのが惜しいです。でも、こういうものがあると結構ネタになりますよね。(悪用はダメ><

おわりに

今回は、フェイクのiPhoneのSMSメッセージ画像を簡単に作成できる-iFakeTextと題して、Webアプリの紹介を行いました。

この記事がお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook, iPhone, Webサービス , , , ,