Facebookで自動顔認識でタグ付けされて公開されないよう本人に事前確認出来るようにするには? - 適宜覚書-Fragments

Facebookで自動顔認識でタグ付けされて公開されないよう本人に事前確認出来るようにするには?

   

プライバシー設定

Facebookは、ユーザがコミュニケーションをしやすいよう様々な気の利いた機能を備えています。例えば、タグ機能です。これは写真の中に写っている人や物をユーザに紐づけるタグを埋め込むことが出来るのです。そのうえ、自動顔認識機能があるので人間が介することなく、あなたと写真は紐づけられます

実に余計なお世話です(´Д`;;)。仲間内で油断していたような写真を不意打ちのように紐づけられるのは勘弁という方も多いでしょう。自動処理では怒りの矛先すら向けられません。

今回は、そういった事故に逢わぬようFacebookで自動顔認識でタグ付けされて公開されないよう本人に事前確認出来るようにする方法を紹介します。

自動顔認識でタグ付けを事前確認出来るようにする方法

  1. Facebookにログインします。
  2. 右上の下向き三角のアイコンから表示されるメニューで「プライバシー設定」をクリックします。

    プライバシー設定

    プライバシー設定

  3. 「プライバシー設定」ページが開きます。

    「プライバシー設定」画面

    「プライバシー設定」ページ

  4. ページ内下方に「タグ付けの設定」という項目がありますので、そこにある「設定を編集」リンクをクリックします。

    タグ付けの設定

    タグ付けの設定

  5. すると下図のようにタグ付けの設定として5つの項目が表示されます。今回の自動顔認識でタグ付けされて公開されないよう本人に事前確認出来るようにするのは上から二番目の「あなたの投稿への友達からのタグ付けのタグの確認」項目にある「オフ」をクリックします(既定では「オフ」)

    あなたの投稿への友達からのタグ付けのタグの確認

    あなたの投稿への友達からのタグ付けのタグの確認

  6. すると、「タグの確認をオンにするか?」の確認ウィンドウが表示されます。オンにすると、ウィンドウ内の例にあるように、何かしらの理由であなたのタグが付けようとされようとするとユーザに通知がされます。本人が承認しない限りはタグが有効にならない訳です。

    「タグの確認をオンにするか?」の確認ウィンドウ

    「タグの確認をオンにするか?」の確認ウィンドウ

  7. 確認をする場合は「タグの確認をオンにする」ボタンをクリックし、更に「完了」ボタンをクリックします。
  8. 「タグ付けの設定」項目は他にも役に立つ設定があるので必要に応じてお試しください。例えば、「タイムライン掲載の確認」設定は、写真にタグ付けした場合タグ付けされた写真がその人のタイムラインに自動掲載されますがこれについて本人確認を求めるように出来ます。

    「タイムライン掲載の確認」設定

    「タイムライン掲載の確認」設定

おわりに

今回は、Facebookで自動顔認識でタグ付けされて公開されないよう本人に事前確認出来るようにするには…と題し機能紹介を行いました。これらの設定はFacebookの基本機能ですが、自分で設定をしないと無効の状態になっています。知らないだけでタグスパムの餌食になっているとなると辛いですよね。

この記事がお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook, Tips, セキュリティ ,