Google+外部共有のド本命!!Twit/Fb/はてブ/Evernote他対応に加え、画像一括取得機能も実装-Google+ SNS Button拡張 - 適宜覚書-Fragments

Google+外部共有のド本命!!Twit/Fb/はてブ/Evernote他対応に加え、画像一括取得機能も実装-Google+ SNS Button拡張

      2017/03/03

Google+ SNS Button拡張ページ

はじめに

Google+ではこれまでにも外部のSNSやSBMに対応する拡張やユーザスクリプトが多くリリースされてきました。筆者は贅沢にも「どれも欲しい機能とは違うなあ」とスルー気味でしたが、とうとうベタ惚れしそうなド本命なツールが見つかりました。Chrome拡張のGoogle+ SNS Buttonです!

(1)はてなブックマーク(2)del.icio.us(3)Twitter(4)EverNote(5)Facebookといった5つの主要ソーシャルサービスに対して、サクサク外部共有が可能。更に素晴らしいことに現最新版1.17ではGoogle+のポスト内のPicasaでアップロードした画像を一括取得という強力な機能も実装されました!以下にご紹介していきます。

Google+ SNS Button拡張の導入

  1. Google ChromeでGoogle+ SNS Button拡張ページを開きます。

    Google+ SNS Button拡張ページ

    Google+ SNS Button拡張ページ

  2. ページ内の「Add to Chrome」をクリックします。

    Chromeに追加

    Chromeに追加

  3. 「インストールの確認」ウィンドウが表示されます。ここでは拡張がアクセス可能な内容が表示されます。これらが問題なければ「インストール」ボタンをクリックします。(無視してバンバンとインストールする方も多いとは思いますが、重要です)

    インストール

    インストール

  4. すると、右上のレンチアイコンから吹き出し状のポップアップで、拡張のインストール完了が通知されます。この拡張は、オプション設定やChrome自体へのボタン生成はありません。インストールはこれで完了です。

Google+ SNS Button拡張を使ってみる

  1. Google+をChromeで開いてみましょう。既に開いている場合はF5キーを押下して再読み込みを行ってください。
  2. すると、それぞれのPostの下部(コメント上部付近)に各ソーシャルサービスの外部共有用アイコンが表示されるようになっています。冒頭に申し上げた通り、(1)はてなブックマーク(2)del.icio.us(3)Twitter(4)EverNote(5)Facebookの主要な5サービス対応です。

    ソーシャルサービスへの外部共有用アイコン

    ソーシャルサービスへの外部共有用アイコン

  3. 例えば、Twitterのアイコンをクリックすると、下図のようにTwitterへの投稿フォームがポップアップし、Google+のPostへのリンク、誰がいつPostしたものかが自動記入済となっています。ここで任意に内容編集の上投稿が出来る訳です。

    Twitterへの外部共有フォーム例

    Twitterへの外部共有フォーム例

  4. 他サービスについてもほぼ同様です。事前に対象サービスにログインしていない場合は認証プロセスが必要となります。
  5. 更に、現最新版1.17で実装されたGoogle+のポスト内の画像を一括取得について紹介しましょう。Google+でPicasaでアップロードした画像は下図のように1ポストに複数表示されます。

    Google+内での画像ポスト

    Google+内での画像ポスト

  6. この場合、先ほどなかったボタンが2つ追加表示されます。左から「フルサイズ画像を開く」「フルサイズ画像をダウンロードする」です。

    画像用のボタン2個

    画像用のボタン2個

  7. 「フルサイズ画像を開く」ボタンをクリックすると、ポスト内に表示された画像が全て同時にフルサイズで開きます。パパパパッと凄く迫力があります。

    全画像を別ウィンドウでフルサイズで

    全画像を別ウィンドウでフルサイズで

  8. 「フルサイズ画像をダウンロードする」ボタンをクリックすると、なんと全ての画像をローカルにダウンロード出来てしまいます。(゚∀゚;;)<超強力!

    画像一括ダウンロード

    画像一括ダウンロード

留意事項

大変素敵な拡張で筆者はもう手放せないとすら感じますけれど、使い方を考えなければならない点もあります。この拡張に限ったことではありませんが、共有の際、限定公開を共有しても共有先の人が見られるとは限りません(見られても困る場合もありますから見られないのが正しい)。

そうなると、見られないものを共有された相手がつまらないという話になりますから、何をどういう風に共有するか(例えば補足説明を追加するとか…)ユーザの運用が大事になるのではないでしょうか?

おわりに

今回は、Google+外部共有のド本命!!Twit/Fb/はてブ/Evernote他対応に加え、画像一括取得機能も実装-Google+ SNS Button拡張と題し、紹介を行いました。

この拡張の作者の方は、日本人でGoogle+内でも拡張のリリースをアナウンスされています。機能追加や改善にも意欲的で更に先行きが楽しみです。Firefox用には同機能のGreaseMonkey用ユーザスクリプトもあります。

この記事がお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook, Google, Webブラウザ , , , , , , ,