Google+の現在の勢いの良さを1分で理解出来る図 - 適宜覚書-Fragments

Google+の現在の勢いの良さを1分で理解出来る図

      2017/03/03

はじめに…というか言い訳

言い訳から入るのは凄まじく恥ずかしいのですが、今回の記事については筆者は全く検証をしておりません。私事で全く時間が取れなかったので、インパクトで「おっ!これは」で取り上げました><。出来れば個々に裏取りなどして頂きたくお願いします。

よくネット内やアプリの趨勢や世情について、画像と情報を合わせて一枚にまとめたものをインフォグラフィックと言いますが、今回紹介するのは今が旬のGoogle+の現状を示すものです。時間が無いけど今の状況をザックリ知りたいな…という人に良いかもしれません。

Google+ Current Statistics

  • Visual Loop - Google Plus Current statistics

中に書いてある数字について、ちょー訳(筆者ツッコミ入り)しますと以下の通りです。

  • 2011/7/19時点でのFacebookユーザ数7億人超に対し、Google+は1800万人(既に現在は2000万超です)
  • MobileアプリケーションはAndroid、iOS用両方が提供されています。
  • ユーザ追加頻度は、1日あたり、857,000人、1時間あたり35,700人、1分あたり595人、1秒あたり10人、1回まばたきする間に3人!、ところで、このインフォグラフィックに目を通す間に600人弱Google+に参加している訳です。
  • 国別構成は、やはりアメリカが49%と半数を占め、インド、スリランカ、ネパールと続きます。(日本は載っていませんね><)
  • 職業は、エンジニアが25%弱、開発者が14%、デザイナーが11%と半数近くが何らかのクリエーターです。
  • 24-35歳の青年層が38%であり比較的若い層が主力です。
  • +1ボタンのクリック頻度は、1日あたり23億回、1時間あたり9600万回、1分あたり160万回、1秒あたり26620回、1回まばたきする間に8873回!
  • Twitterボタンより+1の方が拡散能力ありまっせ(ほんまかいな><筆者的にはかなり眉唾)
  • FacebookのザッカーバーグがGoogleのラリーペイジやセルゲイブリンよりFollowerが多くトップ

おわりに

今回はGoogle+の現在の勢いの良さを1分で理解出来る図を紹介しました。画像も無く、やっつけで恐縮ですが、たまにこういうこともあるのでご容赦を…。この記事が何らかのお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Android, Facebook, Google , , , ,