オンラインでサクサクと写真にレトロ風フィルタをかけることが出来るサービス-vintageJS - 適宜覚書-Fragments

オンラインでサクサクと写真にレトロ風フィルタをかけることが出来るサービス-vintageJS

   

vintageJSサイト

はじめに

画像加工というと、どうしてもまず最初に頭に浮かぶのはPhotoshopのようなレタッチソフトや画像加工専用ソフトなどローカルアプリケーションです。でも、特定機能に限定するならWebアプリでも十分だったりします。

今回は、オンラインでサクサクと写真にレトロ風フィルタをかけることが出来るサービス-vintageJSを紹介します。

vintageJSを使ってみる

  1. WebブラウザでvintageJSを開きます。

    vintageJSサイト

    vintageJSサイト

  2. 画面下部の「TRY IT OUT」とある部分の領域に加工したいオリジナル画像をドラッグ&ドロップします。

    画像をドラッグ&ドロップ

    画像をドラッグ&ドロップ

  3. すると画像がvintageJSにアップロードされます。上手く行かない場合は、「TRY IT OUT」をクリックするとローカルファイルを指定するウィンドウが表示されるので選択してアップロードしてください。
  4. アップロードされると画面上部に画像のプレビュー、下部に操作パネルが表示されます。

    操作画面

    操作画面

  5. レトロ風フィルタと一言で言っても細かく調整が出来ます。かけた効果は上部プレビューに逐一反映されるので見ながら適用を選択すれば良いでしょう。
    1. Vignette (darken edges):画像の周辺部の明度を下げる(暗くする)
    2. Vignette (lighten center):画像の中央部の明度を下上げる(明るくする)
    3. Adjust curves:??(左がオン)
    4. Screenlayer:??赤っぽくなります(左がオン)
    5. Through the viewfinder:ビューファインダー経由でゴミ表示(左がオン)
    6. Desaturate:色合いを薄めます
    7. Blur on edges:端にブラー効果をかけます(左がオン)
    8. Add to "Recent images"(左がオン)
  6. 終ったら、下部にある「Save images」をクリックします。
  7. 遷移先の画面から、生成された画像をローカルに保存するなり、TwitterやFacebookで共有することが出来ます。以下は試験的に全部入りで加工したものです。(あまり考えずにやったのであまり綺麗になっていませんが調整次第です)

    加工後

    加工後

おわりに

今回は、オンラインでサクサクと写真にレトロ風フィルタをかけることが出来るサービス-vintageJSを紹介しました。いかがでしょうか?やり方次第では雰囲気のある写真を短い時間で加工生成出来ますよ。

この記事がお役にたてると嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook, Webサービス, レビュー , ,