興味に合うRSSフィードを纏めて一か所で引っ張り出すのに便利な検索エンジン-ctrlQ.org - 適宜覚書-Fragments

興味に合うRSSフィードを纏めて一か所で引っ張り出すのに便利な検索エンジン-ctrlQ.org

   

ctrlQサイト

はじめに

TwitterやFacebookのようなソーシャルサービス経由の情報収集全盛の昨今ですが、筆者はRSSでの情報収集が大好きです。一ケ所面白いところを見つけると芋づる式に欲しい情報が見つかるし、定点観測の楽しみもあります。

ただ、そういうお気に入りのRSSは見つけるまでが大変です。色々な手管を使って日々収集するのですが、今回紹介するctrlQ.org、なかなか便利です。jQueryやYUI Libraryなどで画面遷移なくその場でズルズル引っ張り出せます(゚∀゚)。

ctrlQ.orgを使ってみる

  1. 検索エンジンなので普通にキーワードを入れて検索するだけなのですが、毎度の如くプロセスを追ってみましょう。
  2. RSS Feed Search EngineをWebブラウザで開きます。

    ctrlQサイト

    ctrlQサイト

  3. 検索窓に任意のキーワードを入力して「SEARCH」をクリックします。例えば、今回は「chrome extension」で検索してみます。

    chrome extensionで検索

    chrome extensionで検索

  4. すると、即座に関連するRSSリストが列挙されます。

    検索結果のRSSリスト

    検索結果のRSSリスト

  5. リストには各RSSの最新のFeedが表示されています。これだけで判断がつけば良いですが、もっと見たい場合は「Show Feed」をクリックします。

    Show Feed

    Show Feed

  6. 過去の10件分のFeedが表示されます。もし、最新記事以外でも気に入るものが沢山あれば「当たり」ですよね(゚∀゚)。

    Feedを複数その場で見られる

    Feedを複数その場で見られる

  7. もし気に入ったら、RSSリンクにあるSubscribeリンクをクリックすると主なRSSリーダがポップアップで表示されます。この場で簡単にRSSリーダへ登録が出来ます。

    Subscribe

    Subscribe

  8. 上記例では単純な検索ですが、他にもctrlQのトップページにあるようにGoogleの検索オプションを使ってきめ細かく検索することが出来ます。(ベースがGoogle Feed API - Google Codeであるため)

    検索例

    検索例

おわりに

今回は、興味に合うRSSフィードを纏めて一か所で引っ張り出すのに便利な検索エンジン-ctrlQ.orgについて紹介しました。RSS検索そのものは、ありふれたものですが一か所で気持ちよく効率的に探すことが出来るのは繰り返していく中で効いてくるポイントです。

この記事がお役にたつと嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook, Google, Webサービス , , ,