そこに階層があるから上りたい!Webサイトで現在見ているページの上位階層へのリンクを示す-Up拡張 - 適宜覚書-Fragments

そこに階層があるから上りたい!Webサイトで現在見ているページの上位階層へのリンクを示す-Up拡張

      2017/03/03

Up拡張ページ

はじめに

上へ参りまーす

上へ参りまーす

Webページを見ていて気に入った記事があると、このサイトの他の記事にも俄然興味が湧きますよね。

そういうとき普通はまずページで用意されたメニューや検索を使う訳です。

でも、少しひねくれているとURLに着目します。上位階層に何かインデックスがありそう…とか。Webサイトオーナーがインデックスを作っている場合もありますし、Webオーナーには想定外のリソースが掘り出されたりして、ちょっとした宝探しですね。

今回はWebサイトで現在見ているページの上位階層へのリンクを示すGoogle Chrome拡張Upを紹介します。

Up拡張の導入

  1. Google ChromeでUp拡張のページを開きます。

    Up拡張ページ

    Up拡張ページ

  2. ページ内にある「Install」をクリックします。

    Install

    Install

  3. ツールバー上にUp拡張のアイコンが生成されます。この拡張はオプション設定は無く、導入はこれで終了です。

    拡張アイコン

    拡張アイコン

使ってみる

  1. 使い方もとてもシンプルです。例えば、このBlogの東北地方太平洋沖地震による被災者の方の安否確認情報-anpiレポート登録手順 | 適宜覚書-Fragmentsという記事をみていたとします。URLは、http://f.daccot.com/2011/03/15/6992/です。

    とあるページ

    とあるページ

  2. 先程の拡張アイコンをクリックすると、吹き出し状に上位階層がリストされます。これをクリックするとWebサイトで許可されていれば、その階層に移動できます。

    上位階層リスト表示

    上位階層リスト表示

おわりに

今回はWebサイトで現在見ているページの上位階層へのリンクを示すGoogle Chrome拡張Upを紹介しました。いかがでしょうか?単機能でシンプルですが、結構優れていると思いますよ。例えば、このBlogはサブドメインf.daccot.comで公開していますが、その上位であるwww.daccot.comもきっちり表示されていたり…。これ想定は出来るけど手でやるのめんどーですし(゚∀゚)。

この記事がお役にたつと嬉しいです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Webブラウザ, 覚書 , , ,