本文以外を取り除いたRSSを印刷したり閲覧しやすいPDFに変換するオンラインツール-feed2pdf - 適宜覚書-Fragments

本文以外を取り除いたRSSを印刷したり閲覧しやすいPDFに変換するオンラインツール-feed2pdf

      2017/03/03

feed2pdf

はじめに

RSSを活用する

RSSを活用する

Web上のBlogやニュースサイトを印刷しようとした際、ちょっと残念な場面があります。Webサイトの作り次第で印刷用のCSSをあてたり、印刷用の画面を用意していない場合があるからです。例えば右や左にメニューやサブコンテンツなどの列が本文とは別途に配置されているページだと肝心の記事以外も印刷に含まれてしまい見栄えや使い勝手が悪くなってしまいます。(筆者もこの点言えたもんじゃないので、どうにかしなきゃと思いつつ放置中(゚Д゚))

でも、RSSの場合、もっと記事中心に構成されています。作成者が気を回すまでもなくBlogなりCMSは大抵既定でRSSを生成します。流石にRSS用の広告はいかんともしがたいですけれど、可読性を高く印刷するなら、このRSSをPDF化してしまえば楽に要望通りのことが出来ます。PDF化すれば様々な機器での閲覧や可搬性向上などのメリットもあります。

今回は、表題通り本文以外を取り除いたRSSを印刷したり閲覧しやすいPDFに変換するオンラインツールfeed2pdfを紹介します。

feed2pdfの使い方

  1. まず、使用したいRSSのURLを取得します。例えば、このサイトのRSS(http://f.daccot.com/feed)を使ってみます。
  2. 次に、feed2PDFを開きます。見てのようにURL入力欄一つあるだけの潔い構成です。

    feed2pdf

    feed2pdf

  3. 空欄に先程のRSSを入力して、必要ならばitem数(取り込む記事数)を指定(既定は5つ)して「Retrieve」ボタンをクリックします。

    RSSのURLを入力

    RSSのURLを入力

  4. すると、下図のように対象のRSSのTitleと最新のitemの件名が指定した数リスト表示されます。

    RSSの各itemが表示された

    RSSの各itemが表示された

  5. 各アイテムの左側にはチェックボックスがオンの状態で入っています。これはオフにするとPDF化する際に対象から外されます。

    item左のチェックボックス

    item左のチェックボックス

  6. 画面下の「Download PDF」をクリックすると、検索されてチェックボックスがオンのitemの内容全てがPDF化が開始されます。(件数があると暫く生成に時間がかかります)

    Download PDF

    Download PDF

  7. PDF化処理が完了すると下図のような画面に遷移します。生成されたPDFはGoogle Docsの埋め込みビューアで表示されています。尚、生成されたPDFファイルはこのURLで10日間保持されますがその後削除されます。

    生成されたPDFの表示

    生成されたPDFの表示

  8. 画面上部にあるリンクで次の処理を実行できます。
    処理メニュー

    処理メニュー

    1. Download」ローカルファイルとしてPDFをダウンロード出来ます。
    2. View with Scribd:ScribdでPDFを見ることが出来ます。勿論ビューアとしてだけではなく共有もしやすく、TwitterやFacebookとも連携させて広報することも出来ます。
    3. View with Google Docs:埋め込みでもDocsを使っていますが、本体の機能を使い、加工やシェアをしやすくするのに便利です。
  9. 尚、各item右にもPDFリンクがあり、これを使うと個々のitemのPDFを別個に生成することも出来ます。

おわりに

PDF化ツールはこれまでも多く紹介してきましたし、他でもよく見られる実装です。作りやすくなったということと需要が高いということの両方があるように思います。ですのでツールの機能を中心に説明するのではなく、実際にどんな場面で使えるかを簡単に提示しつつ紹介するという手法を取りました。この記事が皆様のお役に立てると幸いです。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook, Google, Webサービス , ,