世界最速、最易の画像共有WebサービスMin.usが更に加速する…デスクトップツールや対象ファイル種別追加 - 適宜覚書-Fragments

世界最速、最易の画像共有WebサービスMin.usが更に加速する…デスクトップツールや対象ファイル種別追加

      2017/04/08

あの強力な画像サービスMinusの機能強化
あの強力な画像サービスMinusの機能強化

あの強力な画像サービスMinusの機能強化

世界で最も早く、最も簡単、最もシンプルに画像共有出来るWebサービス-Min.usにて紹介した強力なサービスMinusが、更に種々のサービス拡充を図ってきました。具体的には以下の通りです。

  • Minus用にWindows、Mac、Linuxで使えるデスクトップツール及びAndroidアプリの提供開始。勿論無料でTools pageからダウンロードすればすぐ使えます。iPhone用やBlackBerry用もこの先利用可能になる見込みです。
  • 対象が画像のみだけではなく、音楽、文書など幅広いファイル形式に対応するようになりました。
  • これまでは自動で作成されたURL(短縮URLみたいに)しか使えませんでしたが、ギャラリーのURLを任意文字列でカスタマイズ設定できるようになりました。意味ありだと共有もしやすくなります。
  • ギャラリーに収めた各ファイルに説明用のキャプションが追加可能になりました。

実はこの先も更なる改善や新機能の予告を貰っていますが、今回はお預けです(゚∀゚)。今回は多々ある改善の中でも筆者が特に気になるデスクトップツールの導入及び利用シーンを紹介します。これを利用すればWebブラウザを開かずにいつでもすぐさまアップロードし、更には共有出来るのです。

Minus desktop applicationの導入

  1. MinusのTools pageをWebブラウザで開きます。今回筆者はWindowsで説明しますが、お使いの環境のものを導入してみてください。マルチプラットフォーム対応って素敵ですね(´∀`)。
  2. 「Click to download v1.0 for Windows」をクリックします。

    Click to Download

    Click to Download

  3. ダウンロードしたminuswindows.exeをダブルクリックして実行します。

    minuswindows.exe

    minuswindows.exe

  4. 実行権限確認が出る場合もあるのでその場合は「OK」をクリックして進めます。
  5. 「Next」ボタンをクリックします。

    Next

    Next

  6. インストール先を指定して「Next」ボタンをクリックします。

    インストール先を指定してNext

    インストール先を指定してNext

  7. スタートメニューに登録される文字列を指定(通常そのままでOK)して「Next」ボタンをクリックします。

    Next

    Next

  8. デスクトップアイコンの追加、クイックランチアイコンの追加を任意に指定(チェックをオンまたはオフして「Next」ボタンをクリックします。

    Next

    Next

  9. 指定内容を確認の上「Install」ボタンをクリックします。インストールが開始されます。

    Install

    Install

  10. 利用環境が足りていない場合、このようなウィンドウが表示される場合があります。「はい」をクリックしてこれもインストールします。

    VisualC++2000の動作パッケージインストール

    VisualC++2000の動作パッケージインストール

  11. インストールが完了されたら、以下のウィンドウで「Finish」ボタンをクリックします。

    Finish

    Finish

  12. タスクバーにMinus desktop applicationのアイコンが表示され常駐状態になりました。これで導入は完了です。

    Minus desktop tool常駐

    Minus desktop tool常駐

使ってみる

  1. では、早速使ってみましょう。
  2. 例えば、以下の複数の画像をドラッグします。

    複数の画像をドラッグ

    複数の画像をドラッグ

  3. 右下のタスクバーのMinus desktop applicationのアイコン上にドラッグしたファイルを重ねると吹き出しが表示されます。

    吹き出し表示

    吹き出し表示

  4. 表示された吹き出し上に重なるようにドラッグしたまま持っていくと青く表示されますので、ここで指を離してドロップします。即座にアップロードが行われます。

    青くなったらドロップ

    青くなったらドロップ

  5. タスクバーのMinus desktop applicationのアイコンを右クリックするとメニューが表示されます。「Show Main Window」をクリックします。

    Show Main Window

    Show Main Window

  6. すると先ほどアップロードした画像ファイル群の閲覧用、編集用、各ファイル毎のリンクが表示されます。他の人に通知するだけならこれを必要に応じて伝えればOKです。

    各種アップロード先URL

    各種アップロード先URL

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Android, iPhone, Webサービス, Windows, ツール , , , , , ,