ChromeでInstaPaper記事をオフライン同期利用出来るよう機能拡張するWebApp-Chromapaper

      2016/05/21

Install

追記(2011/1/11)

なんと、記事を書いた翌日にアプリ名が「ChromaPaper」に変更となっていたので、表題を「ChromeでInstaPaper記事をオフライン同期利用出来るよう機能拡張するWebApp-Instapaper」から変更します。本文中、アプリ名について指摘していますが、そういう経緯です(^^;;。

ChromePaper

ChromePaper

教えてくれて有難うございます、Wakuさん

本文

同語反復みたいで何かちょっとおかしく見えますが、表題はこれで正しいのです。今回紹介するInstapaperはWebサービスのInstapaperとは関係のない第三者(Thomas氏)が作成したWebAppです。

今回紹介するWebAppは、単なるBookmarkがわり(現状Bookmarkとなんら変わりないレベルのものがすごく多い)ではなく、オフライン同期機能が追加されています。他にもまだ実装はされていないものの鋭意制作中の機能もあって先行き楽しみなWebAppです。

導入含め、以下紹介します。

WebApp-Instapaperの導入

  1. GoogleChromeでInstapaper - Chrome Web Storeを開きます。
  2. 画面内の「Install」をクリックします。
    Install

    Install 

  3. すると、新しいタブが開き、WebApp-Instapaperのアイコンが生成されます。
    新規タブにアイコン生成

    新規タブにアイコン生成 

  4. 筆者はアプリはタブの固定化をして使うので、このアイコンに簡単に設定を加えます。アイコンにマウスカーソルを重ねると右上にレンチマークが表示されますのでこれをクリックします。
    レンチマーク

    レンチマーク

  5. すると、このようにメニューが表示されます。ここから、設定画面を開くことも出来ますが、今回は「Open as pinned tab」をクリックします。
    メニュー

    メニュー

  6. 導入及び設定はこれで完了です。

使ってみる

  1. では実際に使ってみましょう。先程できた新しいタブのWebApp-Instapaperのアイコンをクリックします。
  2. すると固定化された新規タブでInstapaperが開きます。ここまではBookmarkと変わりません。
    Instapaperを開く

    Instapaperを開く 

  3. 右上の方に「Chrome Options」と「Offline Sync」の二つのリンクが新しく出来ています。今回は「Offline Sync」(オフライン同期)をクリックします。
    Offline Sync

    Offline Sync 

  4. すると画面が遷移し、次々に現在Instapaperに取ってある記事をオフラインに同期していきます。
    Offline同期

    Offline同期 

  5. 同期にかかる時間は同期量に比例します。これにより、PCがネットワークに繋がっていないときでも、このWebApp-Instapaperで同期した内容は閲覧できる筈です。(すみません。余裕がなくて一番大事なこの部分が未検証ですが、きっと見られるはずです)

所感

拡張でもそうですが、WebAppもWebサービス提供者が作成した公式アプリもあれば、今回のような非公式アプリもあります。本記事には直接関係ありませんが、アプリ名やアイコンが公式のものなので勘違いしやすいのは、今後何とかしていった方が良いように思います。例えば、悪意あるアプリがあたかも公式のように配布されたりする可能性も心配です。

ChromeOSの場合、機械自体がウィルスに侵される心配は従来OSに比べると低いでしょうが、預けるデータそのものを詐取したり改ざんされたりす可能性を考慮すると…。筆者はChromeOSについて不勉強ですから、思い過ごしかもしれませんけれど(^^;;

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Browser, Chrome