GrooveSharkを疑似Premiumモードにしてしまうユーザスクリプト-Better Grooveshark - 適宜覚書-Fragments

GrooveSharkを疑似Premiumモードにしてしまうユーザスクリプト-Better Grooveshark

      2017/04/08

Grooveshark
Grooveshark

Grooveshark

GrooveSharkは、有名どころの無償の音楽ストリーミング・サービスの一つです。どうも筆者の知人界隈ではあまり使っている人がいないので、本当に有名どころなのか自信無くなってきていますが(^^;;、ちょっと検索すれば日本語での情報も沢山あります。知らない方は以下を目を通すと良いかもです。

今回はGrooveSharkそのものの説明ではなく、より便利に使うためのユーザスクリプトBetter Groovesharkの紹介です。無償で十分便利に使えるサービスですが、このユーザスクリプトを使うと、広告を消すことが出来、Lyrics.comから歌詞を検索(英語のものに限る)出来ます。Last.fmのscrobbleも試験的にサポートするようですが、筆者が興味無いので未確認です(^^;;;。

以下導入及び結果について紹介します。

Better Groovesharkの導入

  1. ユーザスクリプトが利用可能な環境であれば導入できると思いますが、ここではGoogle Chromeで説明します。Better Grooveshark for GreasemonkeyをChromeで開きます。

    Better Grooveshark

    Better Grooveshark

  2. 画面右側にある「Install」をクリックします。

    Install

    Install

  3. Chromeの場合、Browser画面下部に処理継続の可否確認が表示されますので「続行」ボタンをクリックします。

    続行

    続行

  4. ポップアップしたウィンドウで「インストール」ボタンをクリックします。

    インストール

    インストール

  5. これでBetter Groovesharkの導入は終了です。特に設定項目などはありません。

使ってみる

  1. 導入後、新規タブでGrooveSharkを開きます。GrooveSharkのアカウントでログインします。(非ログイン状態ではレイアウトがおかしい状態となり、有効に動作しません)
  2. すると、このような画面が表示されます。通常はメインの中央画面右に大きな縦長の広告が挿入されますが、表示がされてず、スッキリしています。

    導入後画面

    導入後画面

  3. 広告の代わりに画面右にLyrics.comから歌詞を検索出来るようになっています。英語の曲であれば歌詞を確認できて便利そうです。この部分はあまり使わないというのであれば、このエリアとメインエリアの境の部分の三角マークで折り畳むことも出来ます。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Google, Webサービス, Webブラウザ , , ,