Twitter世界の最上位層をビジュアル紳士・淑女録のように見られるBing検索 - 適宜覚書-Fragments

Twitter世界の最上位層をビジュアル紳士・淑女録のように見られるBing検索

      2017/03/03

Bingの画像付き検索結果

Twitterには異様に沢山のFollowerを抱えている方が有名、無名に関わらずいらっしゃいます。例えば、日本のTwitter界隈の場合は、Twitterサービスイン時にパッと面白さに引きこまれたアーリーアドプタな方々や、元々他所で知名度がある方の参入が挙げられます。

ところで、Twitter全体を見るとどういった人が最上位にいるのでしょう?これまでにも色々報じられたり、何らかのサービスでこういった情報は提供されてきたと思いますが、実はBing検索でビジュアルに見ることが出来ます。なかなか面白いのはカテゴリ分けされていて、その分野での最上位はどういった顔ぶれかなんて見方も用意されているところです。

では、ちょっと見てみましょう。「Top Twitter users」の画像付き検索をするだけです。

Bingの画像付き検索結果

Bingの画像付き検索結果

ただの検索結果の筈ですが、しつらえたビジュアル紳士・淑女録の様相ですよね。各アカウント別に写真とFollower数がついたタイル表示がされます。勿論Followの多い順です。有名なladygagaは704万とか洒落ならない数です。一体全体どういうTLになっているのか見てみたいですね(^^。

上に帯状に並んだリンクは、例えば一番つぶやきまくった人とか政治家の中での上位者とかビジネスリーダーの上位者とか別の切り口を簡単に切り替えて見ることが出来ます。

ビジネスリーダーの上位Twitterer

ビジネスリーダーの上位Twitterer

左ペインにもカテゴリのチェックボックスがあるので絞り込みが出来ます。選択するとちょっとした並び変えっぽい挙動もあったりして楽しいですよ。表示されているユーザアイコンにマウスオーバーするとそれぞれのBioがポップアップします。また、そのままクリックするとその人のBio、発言履歴などを見ることが出来る…らしいのですが、どうも発言の取り込みは上手くいっていないようです。

粗をつつくと結構出てきてしまうページで、例えば日本人で10万超Followerの人を数人筆者も知っていますが載っていません(^^;;。本当に最上位クラスはともかくとして、こんな感じのものも見られるのねえくらいに捉える必要はありますね。

蛇足

BingでFacebook内の情報検索が出来るようになったと言う話が以前ニュースになったので、ひょっとしてと「Top Facebook Users」も検索しましたが、不発でした。流石に壁の中の情報はこうは出来ませんよね。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook