画像をWebサービスにアップロードせずパラメータ指定のみでリサイズ出来るサービス-RESIZER.CO - 適宜覚書-Fragments

画像をWebサービスにアップロードせずパラメータ指定のみでリサイズ出来るサービス-RESIZER.CO

      2017/03/03

RESIZER.CO
RESIZER.CO

RESIZER.CO

世の中には既に多くの画像処理Webサービスがあります。殊に画像サイズを縮小するだけのものとなると言葉通り枚挙にいとまがないでしょう。

今回ご紹介するRESIZER.COもそういったよくある画像縮小サービスなのですが、一点大きな特筆点があります。表題にありますように、画像をWebサービスにアップロードする必要がありません。

通常の他のサービスは、「ファイルを選択」みたいなボタンがあって、それをクリックするとローカルファイルをアップロードして処理を行うプロセスを取ります。RESIZER.COの場合は、既にどこかしらのWeb領域に置いたファイルを直接読みこんで縮小します。画像をサービスに預けないで良いという意味でメリットがありそうです。

使ってみる

  1. 何はともあれ使ってみましょう。例えば、以下の画像はInstagramに送った筆者の写真です。まんまでは大き過ぎるので少し記事上は小さく表示しています。

    Instagramのオリジナル画像

  2. 659b754a6c1f473b9d0b31e6f2d14c72_7.jpg (612×612)にファイルがあり、見てのように612x612となっています。URLは、以下の通りです。
  3. 今のURLを以下のようにimage=以降の引数として挿入します。
  4. すると、即座に縮小された画像を得ることが出来ます。以下の画像はRESIZER.COで生成したものを直接表示しています。

    RESIZER.COの出力

    RESIZER.COの出力

  5. ご察しの通り、"w="は幅(Width)、"h="は高さ(Height)で自由に設定出来ます。非常に呆気ないくらい早く処理出来ます。
  6. APIは他にもあって、RESIZER.co | Painless image resize APIに記載されています。”a=”を有効にすると画像を自動で最適な明るさ、コントラストに調整し、"r="に90,180などの角度を入れると回転させることが出来ます。
  7. 試しに先の画像に最適化オプションを追加したのが以下の画像です。あまり変わらないかも(^^;;。

    最適化オプション

    最適化オプション

  8. また、90°回転はこのようになります。

    90°回転

    90°回転

所感

え?結局は画像はどこかWebにアップロードしなきゃいけないんじゃん?羊頭狗肉な記事だね、これは!とお怒りなさる方もいらっしゃるかもしれませんね。ごもっとも…なのですが、よく考えてみましょう。

例に挙げたようなInstagram、或いはFlickrなど画像をオンライン画像管理サービスで使うことも多くなっていることを考えると、別にアップロードなど意識する必要無いのではありませんか?或いはEvernoteなりDropBoxなり最早普通に使われているでしょうから、むしろローカルのものをいじりこむよりこのようなサービスでさっくり大きさを変えてみせると言うのが結構スマートなやり方なのではないかと思います。

あ、後Facebookをお使いなら、Facebook | Loboにファンページがあります。「いいね!」しておくと新しい情報を得やすくなるかも(^^

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Facebook, Webサービス , , ,