こいつはヤベぇ!?と思わせるオリジナルサインを即生成出来るDanger Sign Generator - 適宜覚書-Fragments

こいつはヤベぇ!?と思わせるオリジナルサインを即生成出来るDanger Sign Generator

      2017/03/03

危険なGのサイン
危険なGのサイン

危険なGのサイン

よく標識なんかで、赤や黄色でいかにも危ないぞ!と知らせてくれるものがあります。こういうものがチラリとでも目に入ると、それはもう本能に近いところで警告が意識に割り込みをかけるのです。

で、こういうサインの画像を簡単に即生成出来るWebサービスとして、そのまんまのネーミングのDanger Sign Generatorを今回紹介します。

Webページで使うもよし、印刷したり、何かのテクスチャーやらワンポイントのデザインに使うもよし、何に使ったにしても周囲に「お?」と思わせる何かになるのではないでしょうか?まあ、無意味に危険をアピールすると狼少年みたいな扱いになるかもしれませんが…(^^;;;。

使ってみる

  1. Danger Sign GeneratorをWebブラウザで開きます。
  2. 作成はページ冒頭のロゴにある通り、たったの3ステップで簡単に出来ます。
    3ステップで作成出来る!

    3ステップで作成出来る!

    1. トップバーのスタイルを選択し、任意に文字列を指定します。別に黄色じゃなくたって好きな配色やフォントが使えます。
    2. シンボルの画像を選択します。サインのイメージは、このシンボルの選択でかなり変わります。非常に豊富なシンボル群から選択可能です。
    3. メインのメッセージを指定します
  3. では、実際にこの記事で作った危険なGのサインを作ってみましょう。
  4. Danger Sign Generatorを下の方にスクロールすると、「HERE IS STARTER STEP #1!」とありますのでその直下の赤い「Custom Text/Color」をクリックします。

    Step1

    Step1

  5. すると、何故かStep2のシンボル選択の画面になりますが、気にせず好きなシンボルを選択します。ここでは、G様のある3th Page Of Our Sign Generator For Office, School, Construction Areas, Accident Prone Zonesの左下のbeetle-pest-controlをクリックします。

    シンボルの選択

    シンボルの選択

  6. タイトルバー(Step1)とメッセージ欄(Step3)について、設定をします。任意の文字列を入れて、フォントやフォントサイズ、背景色を選択します。リストにはJapaneaseもあるのですが、筆者が試したところ化けてしまいました。基本は英文字のようです。

    タイトルバーとメッセージの作成

    タイトルバーとメッセージの作成

  7. 入力が終わったら「Make sign!」ボタンをクリックすると、指定した内容でサインが生成されます。想定したものと違うなと思ったら、設定を変えて再生成と言う感じでTry&Errorです。
  8. 気にいるものが出来あがったら、下にある「Get HTML Code」で貼り付け用のコードを取得して使うか、「Download Image」で画像を取得して使って下さい。

所感

なんかDariusっぽいものを作りたかったのですが、お魚がすぐ見つからなかったので皆の人気者のG様で代用しました(^^;;;。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Webサービス