ドメイン名の空きがあるかどうかを総当たり的に調べるには? - 適宜覚書-Fragments

ドメイン名の空きがあるかどうかを総当たり的に調べるには?

      2017/03/03

ドメイン検索
bruteforcenamingロゴ

bruteforcenamingロゴ

ドメイン名を所有すると、特徴のある文字列を含むURLやメールアドレスを利用することが出来ます。ただ、ドメイン名は基本的に登録の早い者勝ちで所有出来るため、自分が使いたいと思っても既に使われていれば使うことが出来ません。

そのドメイン名を使用可能かどうかは、ドメイン検索(WHOIS)などで調べることが出来ます。例えば、ドメイン検索 - ドメイン一括検索のように使いたい文字列を入れて、.comとか.orgとかのような代表的なトップレベルドメインで纏めて確認出来ます。

ドメイン検索

ドメイン検索

これはこれで確かに便利なのですが、調べるには取得したい文字列をしっかり固めておく必要があります。例えばdacで調べると決めたら、似ていてもdaccotやらdacsは調べられません。それぞれを検索する必要があります。

しかし、先にも述べたようにドメインは早い者勝ちで使うもので、既に有意なドメインの多くは誰かしら先行者が取得しているものです。その間隙を縫って未使用且つ自分の使いたいドメインを探すと言うのは実は結構大変です。そこで今回紹介するBrute Force Namingというサービスを使ってみてはいかがでしょうか?

使ってみる

Brute Forceと言うと、パスワードなどを総当たりで見つけ出してクラックする悪の手段のように思われるかもしれません。しかし、要は使いようなのです。今回のような用途で総当たりを機械に任せて条件に合う空きドメインを探すのに機械の力を借りるというのは楽ちんでいいですよ。前置きさておき使ってみましょう。

  1. Brute Force Naming - find available domain namesをWebブラウザで開きます。
  2. 自分が使いたいドメインを構成する文字列の中で、(1)文頭(2)中間(3)文末の3つの部分の文字列をそれぞれ入力します。それぞれの部分には複数の異なる文字列を入力すると組合せを増やすことが出来ます。逆に言えば、複数設定しないとこのツールを使う意味がありません。

    ドメイン候補の断片を入力

    ドメイン候補の断片を入力

  3. 入力が終わったら、「Find Me a Name」ボタンをクリックします。
  4. すると、指定した文字列の組合せでドメインの利用可否を総当たりでチェックし、結果を表示します。確認したのは390の組合せです。
  5. 残念ながら利用可能なドメインはありませんでした。3-4文字だと意味が無さそうな組合せですら誰かが取得済みなのです><。

    残念でした

    残念でした

  6. 今回は残念な結果でしたが、もう少し長目にしたり、当て字で記号や数字などを組み合わせると何とか見つかるものです。何より人間が手動で400、500といった組合せを確認するのは非現実的です。こういったツールを活用することで楽に希望するドメインを確認出来ると言うのは有難いことです(^^。

適宜覚書-Fragmentsは、筆者が興味をもった様々な情報やネタを筆者が忘れても後で思い出せるよう覚書として公開するBlogです。Google Chrome拡張、Facebook、Google、Twitter、Windows、各種Webアプリなどを扱うことが多いです。この覚書が、もし何かお役立ちになれば幸いです。

 - Webサービス